FC2ブログ
ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美味しんぼネタ
大好きな漫画のひとつに 『美味しんぼ』 があります。

第1巻の発行時から見はじめて、長い事なります。
今は100巻以上出ているみたいですね。

いろんな食材や料理の知識が身に付くし、この漫画のお陰で、私の料理観が構築されたと言ってもいいかもしれないくらい。
ただ、好きとは言え、全巻読破している訳では無く、つい先日未読だった巻を読みすすめていると、衝撃が走りましたw

その話は、相変わらず強引な展開なのですが、主人公の山岡が、ショウガが嫌いな上司の為に、ショウガを入れた料理と入れない料理をふるまって、ショウガの素晴らしさを諭すというお話(笑)

そこで出てきたのが、イワシの煮魚。当然、上司もショウガの入った皿の方が旨い と言う訳ですが、、、

その時のセリフが、





上司:「秘密はこれか、ショウガだ。」

山岡:「そのショウガ皮つきのままでしょ。香りの成分ジンギベロールは皮のすぐ下にあるんです。」
山岡:「だから皮を剥いでしまうとその香りを失って、イワシの生臭さを消せません。」







えっ!? か、皮付き!?




ま、まじですか?煮魚するときは、私いちいちショウガの皮剥いてスライスしてましたけど・・・

皮付きで入れるって、こ、これ常識ですか!?


ガ━━(;゚Д゚)━━ン


思い込みってこわいですね(笑)
また、美味しんぼ でひとつ学びました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ture2.blog28.fc2.com/tb.php/685-68326c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。