ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログでお知り合いになったクラさんがこの3月で大学を卒業おめ~( ´∀`) /

私なんて、大学卒業したの17年前かな?(爆)

いや、若いってすばらしい!w
20代なんて、やろうと思えばなんでもできるので、これからもステキな人生を歩んで下さいね。

クラさん福岡で就職されるとか。
いいよね。福岡。
すごくバランスの取れた都市だと思う。
福岡の都市高速って首都高みたいな渋滞ないし。
福岡なら、壱岐のフェリーあるしw
壱岐出身のクラさんのこと。釣りの回数は減るかもしれないですが、壱岐で釣りが出来るのは羨ましい限り。







クラさんからアクアパッツアのレシピを聞かれたので、私流の作りかたを説明します。

準備するもの。
・フライパン(蓋があればベスト)
・オリーブオイル
・アンチョビ
・アサリorハマグリ
・水
・料理用白ワイン(無くてもOK)
・トマト
・ニンニク
・パセリ
・塩
・胡椒

1.下ごしらえとして、魚に塩、胡椒
 鰭は食べるときに邪魔なだけなので切っておくと楽。
2.フライパンにオリーブオイルをたっぷり注いで、ニンニクを炒める。
3.アンチョビを入れて、魚を炒める。両面軽く焦げ目が付くくらい。
4.トマト、アサリを入れて、白ワインを少し入れて、あとは水を魚が軽く
 浸るくらい入れる。
5.あとは、フライパンに蓋して煮る。
 蓋が無かったら、煮汁を掛けながら様子見。
6.魚に火が通ったら、パセリを散らして完成。
7.スープを飲んでみて、味が足りなかったら塩で調整。

必須なのは、なんと言ってもアサリorハマグリで貝の良い出しが出るし、蟹なんか入れたら最高やねw
いかに出汁を取るかが重要。
あと、できれば塩よりもアンチョビの方がコクが出ます。
白ワインは無かったら水だけで全然OK 気持ち的な問題かもw

魚に火が通ったかの判断は、箸を刺して判断します。
慣れてくると、こんなもんだろ!? って適当にやってますw

我が家では、最近はスープを多めにして、パンに浸して一緒に食べます。

上記のレシピが基本で、あとは適当にアレンジ利かせられるので我が家の定番メニューです。


110319d.jpg
aqua100220_convert_20100221213415.jpg
アクアパッツア
aquaP090117.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わざわざ日記に書いて頂きありがとうございます(^O^)
4月から責任ある社会人として働いて来ます!(いつか壱岐でご一緒するのを夢見ながら?笑)
若さを出して頑張ります!デカイ声で挨拶したらやってけますかね!?笑
ちなみに建築の現場監督ですが...笑

とにかく.こんな読者の一人を気にかけて頂き感謝です♪
今後も楽しい日記読ませてくださいね♪
2011/03/25(金) 23:58:42 | URL | クラ #-[ 編集]
>クラさん
年を追う毎にどんどん可能性も選択肢も減っていくので、ほんと社会人これからのクラさんが羨ましいですよ。
がんばってくださいね。
これからもよろしくです。
2011/03/26(土) 11:11:06 | URL | オク #-[ 編集]
うまそう
我が家のレシピに追加するじょ
つか、先日はお久しぶりでスタ>神保町
2011/03/31(木) 11:01:14 | URL | EDGE #-[ 編集]
>EDEGさん
ども~、先日はひさびさで嬉しかったです。
また行きます!w
2011/03/31(木) 11:17:30 | URL | オク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ture2.blog28.fc2.com/tb.php/625-271ab94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。