ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神経締め
こちらの船宿は、釣れた魚は全部イケスに入れて港に着いた後、1本1本丁寧に締めてくれます。

先日お世話になった小川島の船長のケースだと、神経締めまでしてくれました。
ヤズの1本1本までですよ。
すげ~丁寧。

一連の流れとしては、
1.脳締め
2.神経締め
3.鰓の根元を切って血を出す。




神経〆ですが、頭の所に、体と平行にキリでプスっと・・・
PA220327_convert_20091027005757.jpg
そして、太い針金を骨沿いにズズズ・・・ と入れて、何回か前後にグリグリと。
PA220328_convert_20091027005836.jpg


・延髄沿いの神経を壊す
 ↓
・脳が神経に発信する死亡信号を遮断
 ↓
・死後硬直を遅らせて身のもちをよくする

これをやるやらないで、死後硬直までの時間がかなり変わってくるそうです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ture2.blog28.fc2.com/tb.php/462-65dadd22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。