ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引越し完了
新居への荷物の搬入から1週間経過し、やっとこ落ち着いてきました。

当初はこんな感じで、ダンボールに囲まれる毎日w
100723a.jpg
100723b.jpg

釣具は、以前は優雅に ひと部屋 釣り部屋として利用していましたが、、、
3LDKの東京のマンションじゃぁ、小さい納戸を支給してもらうのが精一杯(泣)
100730b.jpg

入りきれませんてw






そういや、唐津の元家前のローズマリー 最初は1本の苗だったのが、東京→唐津と大きく成長したなぁ~
さすがに新居には持ってこなかったので、ローズマリーが欲しくなったら、こっから勝手に持っていって下さいw
roseM1007.jpg

スポンサーサイト
江戸前
引越しの荷物が着くまで中1日かかる。

今日は、新居の下見やら、掃除機、洗濯機の購入。


嫁に、東京に来る前にキツく言われていたのが、馴染みの鮨屋を予約しとけとw
とり貝って、、、

鮨は、唐津でも食べたけど、江戸前もいいやね。

お店に言ったら、2年半振りとは言え、皆覚えててくれてて嬉しかったぁ~

ほんとはカウンターに座りたかったんだけど、娘がいたのでテーブルに。

いつも握ってくれる板さんが、娘の為にスケール 1/2 の巻き物を作ってくれた♪ 
maki100722.jpg

娘もそりゃぁ、満足よね。
nanami100722.jpg

唐津が"活"文化なら、江戸前は"熟成"
kobusime100722.jpg
唐津の鮨屋では絶対出ない、スズキの昆布〆。

テーブルだと、鮨が一気に出てきてしまうのがちょっと残念・・・
issin100722.jpg

でもね。今日は、新子 がすごかった。

新子。 コハダのさらに小さいヤツね。



これが 通常の コハダ
kohada100722.jpg




これが 新子。
一貫に 6枚 乗ってますがw
sinko100722.jpg
その手間と技術。


それを一口で喰らう贅沢(笑)






大満足でホテルに戻る前に、池袋のヤマダ電気で、掃除機と洗濯機とライトを購入。

配送だと中1日かかるってんで、掃除機とライトは手持ちでホテルに持ち帰る。

タクシーに積み込んで、何気に運ちゃんと話をすれば、息子の嫁が唐津出身だと。
昨夏、唐津に遊びに行って、南口のシティホテルに泊まったとか。

そりゃ、びっくりだわw

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

エピローグ
唐津での2年半が終わった。。。






涙は枯れ果てていたので、今更出るまいと思っていた。


最後に会社に寄って皆に挨拶した後、部下が東唐津駅まで送ってくれた。
駅に着くと、テツさんが。
電車が出るギリギリで、Itoちゃんがホームに駆け込んで見送りに来てくれた。

ホームには嫁の友達達が見送りに来てくれてるではないか・・・

電車のドアが閉まって、泣いている嫁を見ていると、唐津での思いが溢れてくる。


なんだこれは?


やっぱり、東京からこっちに出てくる時は、東京はいつでも行ける!という思いがあったが、唐津となると、東京からは中々行けないから?




とにかく唐津人のやさしさに触れた2年半でもあったんではないか?




なんだろう。

何度も言うが、長い人生の中で、唐津で2年半過ごせたのが、ご褒美だったように思う。
こういった土地で、仕事があって、生活できるのはある意味幸せなのではないだろうか。

ほんとうに、ステキな時間を過ごさせてもらった。

最後の筑肥線・・・
100721e.jpg

車窓からは、馴染みのポイントが・・・
100721f.jpg

唐津は海だけじゃないさ。
100721c.jpg

こんな眩しい季節に、唐津を出る事になったのもこれも縁かな。



夏ってこんなにも眩しかったけかぁ???



でも、ありがたいのは "縁" のおかげでいつでも遊びにこれる。
こんなステキな土地に、来ない理由がないし、娘には、記憶が残る頃になったら、お前の生まれた土地じゃ!とオレが自慢したいw


そんな縁こそ最大の財産じゃないだろうか。














東京に着いて、ネオンが迎えてくれた。

何このクソ暑さ・・・唐津より暑いし・・・

引越しの荷物が着くまで、池袋のメトロポリタンホテルで2泊。

宿泊客が、、、、
日本人より外人が多いんでないの?
やっぱ東京やね。


嫁はいきなり 中本 にラーメン食いにいきましたよと(爆)
中本 池袋店
最後の晩餐
唐津で最後の夕食。

今日は、唐津で父親代わりとも言えるお世話になった方が送別会を開いてくれた。

最後に唐津の肴をたらふく食っていけ!と、言うことで・・・
kaisen100720.jpg

オコゼの唐揚げ。
okoze100720.jpg

そういや、オコゼって食べた事なかったかも。


やっぱり、唐津の最後は魚で〆ないとね♪
今年に入って、つながった縁


こんな事なら、もっと早く知り合えていたら、もっともっと楽しかったろうね・・・

最後にテツさんの家で。いつものメンバーで。

バスの49cmの魚拓にはびっくりしたよw




Itoちゃんがシェフで、腕を振るってくれた。

新鮮な魚貝は他でも食うだろうから、とエスニックでまとめてくれた。
spring100719.jpg
とか、トムヤムクン等々。
美味しかったよ。Itoちゃん本当にありがと。

kimuchi100719.jpg
まりこさんが用意してくれた本場のキムチがすげかった。
やっぱ、日本向けと味付けが違うね。

テツさんちは、アイテムが多くて楽しいね。
tanago100719.jpg
家の前の川で獲ったそうです。
タナゴにメダカ♪

H高さんもそうだけど、唐津の釣り師はタナゴを飼う傾向があります(笑)
おれも飼いたかったな(爆)

インコのひなちゃん、かわいかったね。
inko100719.jpg

ほんと、最後に追い込みかけるようにいろいろ楽しい企画をありがとう!
100719.jpg

酔っ払って、最後の最後まで、カズさんにお世話になるし。

このご縁。一生繋いでいきましょ。
私 生まれは新潟の下町。

幸いな事に、海が目と鼻の先だった。

幼い頃は、家から海パンいっちょ で裏の海まで走って行った。






幸い、唐津でもそんな環境に恵まれた。

引越しの作業の合間に、娘と裏の海に。

タオルさえ持っていけば、あとは濡れたまま家に帰ればいい。



あぁ~~~、ほんと日差しが・・・
唐津の夏。眩しすぎるぜ!
雲も、夏の雲してるよね。
nisinohama100719.jpg

nisinohama100719c.jpg

うんうん。
楽しいよなぁ~♪
nisinohama100719b.jpg

水もあったかかったね。
海のカーニバルと花火
引越し作業も進んではきたものの、幼い娘が起きていると、遅々として進まない。

なので、娘に疲れてもらう為に、ちょっと海のカーニバル会場に足を運ぶ。

あぁ~、梅雨明けで、いよいよ唐津の夏が始まったねぇ・・・
umi100718a.jpg
お世話になった商工会の方々へもご挨拶。
umi100718.jpg

帰ってきて、夜はカズさんの家にご招待いただいた!
カズさんの家は、うちから歩いていけるんだけど、今日は、佐賀県最大の九州花火大会!

カズさんちのベランダから見えるのさ~♪
fw100718.jpg
カズさんのご親戚や、テツさん。
Itoちゃんも後から合流。


そして・・・
キタ━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━ !!!
iki100718.jpg
タイに、ヒラメ、ウニぃぃぃーーーー!

唐津の魚は日本イチィィィィィィーーーーーー!!!


今日の為に、テツさんが、なみを獲ってきてくれた♪
mina100718a.jpg
なみ貝は、通称 白みな 黒みな とオスメスで違うらしく。
白っぽいオスの方が旨いらしい。
mina100718.jpg

最後に、ひろえさんのチマキで〆。
timaki100718.jpg
ご馳走様です。
花火も見れていい唐津の思い出になりました。
楽しい時間をありがとうございました。
引越し作業
さぁ、気持ちを切り替えて、荷造りしなきゃ。

こっちで借りてた家は、広かったので自分用の釣り部屋があったけど・・・
room100717.jpg
東京のマンションでは、そんな贅沢は言ってられない。


竿を運ぶのに、ワールドから、ロッド用のダンボールをもらえた。
あと、テツさんからロッドケースもいただいた。
box100717.jpg
rod100717.jpg
こっちに来て、おっかぱり用の道具が増えたな~、と改めて思う。


room2100718.jpg
別れ
連日の飲み会で喉が酒ヤケw

仲間達に送ってもらえるのは、嬉しさ半面悲しみもひとしおだ。
flower100717.jpg
最終日
いよいよ、唐津での最終出勤日を迎えた。

いつもは車で通勤するんだけど、最後は電車で出勤。

西唐津から、会社に一番近い鬼塚まで。
単線の2両編成。
唐津の街並みを抜けて、松浦川が車窓から見え始める。
朝から いい旅日本 状態である。
100716a.jpg

梅雨も明けそうね。
100716b.jpg

お昼には、最後にと、鰻を食べに行った。

浜崎の駅から近い、"たばこや"
店の名前はさておき、定食屋さんにも関わらず、鰻が絶品だ。
1050円の鰻丼定食最高!
100716l.jpg
こちらでは、関東と違って鰻を蒸さないので、歯応えがあって、脂が乗ってる。

これはこれで病み付きになるのよね♪
蒸す
一つテンヤ釣行。
玄海灘の一つテンヤマダイ

本命のマダイはもとより、嬉しい外道も多かった。

自分ち用に残しておいた外道ちゃんを今週いっぱいかけて、"蒸し" をテーマに料理してみた。

アオハタの酒蒸し
・みりん+日本酒
aohata100707.jpg

イトヨリの白ワイン蒸し
・白ワイン
itoyori100708.jpg

キダイの中華風蒸し
・みりん+紹興酒
renko100711.jpg

要は、何を振りかけて蒸すかで、何風かが決まる。

うちでは、皿ごとラップして、電子レンジにおまかせ。
最近の電子レンジは優秀なので、勝手に加熱時間を判断してくれる。
ほんと簡単。

ポイントは、ラップは、ゆるめに2枚かぶせて、包丁の先で2ケ所小穴を開けておく。
じゃないと、レンジの中で、ラップが膨れて破れてしまう。

蒸しが終わったら、 生姜+ネギ とかイタパセとか パクチーをのせて、仕上げに熱した油をかける。

これも、ゴマ油なのか、オリーブ油、ピーナッツ油から選択。


とにかく、お手軽でそれでいて、トロっとした白身がたまらんちん♪

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

素潜り
今日は、Itoちゃんが地元"相賀"に招待してくれた。

テツさん、カズさんも参加して、まずは皆で "潜り" を。

相賀の港の近くの浜で。
ouka100710a.jpg

水が綺麗。
ouka100710c.jpg
素潜りするの何年振りだろ。

今日は暑いけど、薄曇で、日差しは丁度いい感じ。

ダイビング用のマスク、シュノーケル、ブーツ、フィンを付けて水に入ると昔の感覚が戻ってくる。

ちょっと底の方まで潜ると水が冷たい・・・息が持たずに、あがった水面下の水が温かくて、ホッとする瞬間♪

みな貝も潜るレンジでは、サイズがデカい。あと、タコをゲット!
水中で、首根っこをしめると、オレの腕に、足を巻きつかせてきた。
頭を裏返して、ワタを出し、噛み付かれたので、頭に来てトンビもとってやった。
水中で餌付け、周りに魚も集まってくるw

ouka100710b.jpg
さすがに、1時間も潜っていると体力の限界w

そのまま近くのItoちゃんの家の庭でBBQ。
100710d.jpg
Itoちゃんの家の前は、海!

おれなら、毎朝晩、目の前の海で釣り糸を垂らしてしまいそうw
でも、台風の日なんかは、近所の実家に退避するそうです。

夜になり、家の中で皆で飲みに。

Itoちゃんの手料理に舌鼓。
100710e.jpg

皆で獲った "みな貝" はデカくて旨かった~
100710f.jpg
うちの娘も旨そうに食ってました。
100710g.jpg

最終的には、いつも通りスーパーサイヤ人も登場したんでよかったんでないかな(爆)
100710h.jpg
100710i.jpg

Itoちゃん!お世話になりました!!!

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

引継ぎ
前回の一つテンヤの釣りで、唐津での釣りはほぼ終了。

最後に大満足の釣りが出来てよかった。


そろそろ気持ちを切り替えて引越しの準備に入らなきゃ。

東京に戻るとなるといらない道具が出てくる。

特に、おかっぱりのソルトルアーは、する機会も激減するだろうし、乗り合いのシーバス船に乗ったとしても使うルアーなんざ決まってくる。
hikitugi100707.jpg
なので、持っていたルアーは、思い入れのあるルアーを残して、ほとんどヤスに譲った。

ヤスに思う存分使ってもらおう!


更に、Atec tailwalk HI-TIDE 12.6ft

ヤスも同じロッドを持っていたんだが、ヤスが穂先を折ってしまったらしく。
免責期間は過ぎてしまっていたので、それならば、とオレのロッドを引継ぎ。
こちらでは散々お世話になったロッドだが、東京じゃ、
「ぜってぇ~ふらねぇ!(笑)」

ヤス!これで磯ヒラの70upを釣ってくれ!


今日も、レインウェア、ウェーダー、フローティングジャケットを感謝の意を込めて洗う。
フロで中性洗剤で洗って、仕上げにNIKWAX!


綺麗にたたんで、暫く休養だね。





そうそう、今日、二階から嫁の叫び声が!

「寝室にゴキブリがいる!!!」
kokuwa100708a.jpg







よくみると・・・


どこから入ったのか、コクワでしたw
kokuwa100708b.jpg


しかし、コクワと分かった瞬間のこの差。。。



同じ虫なのにね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

玄海灘の一つテンヤマダイ
さてさて、chuの唐津入り最終日は、ヤスがアレンジしてくれたテンヤマダイ!

ヤスの知り合いのシンゴ船長の船で、3人貸切の贅沢釣行。

5:15分にヤスが迎えに来て、30分でパレアの港に到着~

喫水の浅いシンゴ船長の船!
20100705_1.jpg
喫水が浅いだけに、シケには弱いけど、ほんと速いのこの船!
20100705_9.jpg


1時間もたたずに "二神島(ふたつがみ)" 近辺に到着したわ。

大きな地図で見る

さて、千葉の外房で1回だけchuと "ひとつテンヤ" はやった事があるわよ。
初めての一つテンヤマダイ
でも、マダイなんて、やまだかつて小ダイしか釣ったことないわ
( ´,_ゝ`)プッ


こっちのひとつテンヤは棚が深いので、ちょっと重めね。
15号~20号
20100705_2.jpg
でも、ライトタックルに変わりは無し。
ネルビオ タイプⅠ に愛機のカルカッタちゃんよ♪

しかも、こっちの良い所は、必ず活きエビを用意してくれるところね。
あの冷凍エビの頭がボロっと崩れる心配は無い訳。
20100705_3.jpg

↓こんな風に、2つ針で、ハリスに枝スで針1本出して。
20100705_4.jpg

さぁ、ポイントに到着!
パラシュートで流すのは外房と一緒ね。これ、静かでいいのよね~
しかもこの船。喫水が浅いだけに、水面近くていいわぁ~




1投目よ。とりあえず、落とし込むわ。
棚は70m 結構深いのね・・・



なんとか着底とれたわ・・・
とりあえず、しゃくるよね。 大きく一しゃくり・・・





フォーリング・・・




ゴンッッッ ギュッ!



おぉ!??? キタぁ???





ギューーッーーー!    ギューーッーー!

断続的な突っ込み!?



おぉ!ひょっとしてこれがタイの3段引きってかぁ?



しかも、ドラグがすべるすべるるるるるーーーー!



ライトタックルぅ~! この釣り楽しいぃ~






そして・・・

















いきなりドラマ魚

キタ━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━ !!!

drama20100705.jpg
一投目で 60cmよ
キロオーバーのタイすら釣ったことが無い私が、所謂ビギナーズラック的なこのサイズ(爆)
これぞ、玄海パワーよ!!!



もちろん続くわ!



chuにもキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !
chumadai20100705.jpg
良型だわさ。 chuも自己記録更新よ♪



まだまだ続くわよ!

ヤスにも

キタ━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━!!!!!!

20100705_5b.jpg
高級魚 ア・オ・ハ・タ しかも良型じゃないの!!!
これはこれでむっちゃ羨ましいわね~


マダイは良型を全員で揃えたわよ。



さらに、
キキキ━━━((((((゚∀゚))))))━━━タタタ!!!
amadai100705.jpg
ドでか アマダイちゃん 50upよん♪

もう最高ね。
20100705_6.jpg

合間に、とりあえず、レンコダイ(キダイ)はアホみたいに釣れる。
これはこれで楽しいし飽きないのよね。
更に嬉しいのは、高級魚のイトヨリ。しかもまじで!?
みたいな良型がバンバンあがるのさ。
外道もでかいカナトフグ(サバフグ)が時折邪魔したり、
ウマズラもアホみたいなサイズ(笑)

シンゴ船長はの「あがる時間は適当に決めてね」なんて、
嬉しいコメントも、chuの飛行機の時間があったので、2時に沖あがり。


釣った魚は、逐一シンゴ船長が、丁寧に神経〆してくれて
ありがたいね。

3人で釣りも釣ったり。
最終的には、シンゴ船長の80ℓクーラーが満タンだわよ。
20100705_7.jpg

釣った魚は家に帰ってから、仕分けして、唐津各所と北海道と東京に送られていきました(笑)
20100705_8.jpg


しっかし、玄海灘はすごいね。
周りに他の船いないしね(爆)

朝一 船の周りで ヨコワのナブラ立ったしw
ジグタックル持って行けばよかった。

シンゴ船長の経験と流しに感謝!
活きエビで料金8000円! 1名でも貸切で出てくれるそうです(笑)

そして、アレンジしてくれたヤス!ありがとーーー!

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

カヤックフィッシング
飲み会が盛り上がり、ついでにワールドカップを最後に見て解散したのが1時前。

そっからちょっとだけ寝て、5時に起床!

さぁ、今日はカヤックよん。
20100704_6.jpg

H高さん艇は、3人乗りとは言え、3人乗りながら釣りは難しい。

なので、オレは沖提で降ろしてもらい、chuにカヤックを楽しんでもらう事に。
前日、調子は悪かったものの、最初はいつもの浜からエントリー。

オレは沖提に降ろしてもらい、いってらっさ~い。
20100704_1.jpg
20100704_2.jpg

沖提を歩いていると、先にエントリーしていた、BAKUさん艇発見!w
20100704_3.jpg
状況はやはり芳しくないとか・・・

ただ、時々ボイルはある。
期待をこめて投げていると、バイト!!!







アジw
20100704_4.jpg
ベイトは寄っているんだけどね。

霧雨の中、霞む高島。
20100704_5.jpg
向こうに練習中のヨットが見えます。


結局そんな中でもchuに2バイトあったらしく!
でも、マルタウグイ
あれ、あげて来たらショックデカイんだよね~(爆)


一旦、ポイントをあがり、オレの家で腹ごなし。
お昼は、買ってきた猪肉で昼間っから牡丹鍋で体を温める。


んでもって第二ラウンドは鷹島まで!
鷹島の某港。

そう!あの沖提に渡ってみたかったのよん♪
20100704_7.jpg
おれは、ソフトルアーで底を叩く。
20100704_9.jpg
良型アラカブ げっとん♪

chuとH高さんはその先のポイントで、エギングとエサ釣り。
20100704_8.jpg

タイミングの悪いことに、沖提に乗った途端、大雨。。。
それなら、レインウェア着てきたに・・・
20100704_10.jpg
結局、chuとH高さんは、アラカブ数匹とミズイカ2杯!
沖提からも届かないポイントで見事ゲットね。

雨でぬれた体も冷えてきたので、夕方までのんびりして、ストップフィッシング。

chuもカヤックを堪能できてよかった♪

流石に疲れが出て、chuもオレも龍馬伝見ながら寝てたわ(笑)

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

chuの唐津入り
chuが唐津入り!

chuにとっても、オレが東京に戻るって事は、最後の唐津釣行となる。

chuのリクエストも
「観光はいらん!釣三昧で!」(笑)

9:20に福岡空港に車に迎えに行って、そのまま唐津入り。
家に戻る前に、アユ獲りの川を見てきたんだけど、最近の雨で増水・・・
今回はアユ獲りは断念やね。


chuの為に、ヤスとH高さんがカヤックでプレ釣行してた浜に合流。
ここ最近、イワシがいなくなってしまったらしく、せっかくchuが来るのにと、事前の調査で出てくれていた。

ところが、やっぱり不調らしく11時にあがり・・・
アラカブしかあがらず。

おまけでカヤックがあがって来た浜で、ワタリガニげっとん♪


一旦家に帰り、ヤスとchuは鷹島のボートエギングへ。
オレも行きたかったんだけど、嫁が送別会で、家で娘とお留守番・・・

イカは雨の濁りで不調ながらも、なんとか2杯げっとん。
お土産でタコを2杯もらってきたw
拓志丸釣行記

夜は、H高さん夫婦とヤス、chu、娘を交えて飲み会。
20100703_1.jpg

地物、釣物でそろえた酒の肴。

・刺身(トビウオ、〆サバ、コウカイ、ミズイカ、タコ)
・あらかぶとワタリガニのアクアパッツァ
・ジェノベーゼソース炒め(コウカイ、タコ)
・スズキの薩摩揚げ
・亀の手
・松浦漬け
・のり子さんからお土産のデザート
あと適当。

亀の手は、
「chuに食わせたいから獲ってきて~」
とお願いしたらヤスが鹿家の地磯で良型を大量ゲッツ!!!
kamenote1201007.jpg
なんてGJなの
kamenote2201007.jpg
珍味。
黒い所をペリペリ向いて、下の身の部分だけ、ちゅるんと食べます。
kamenote3201007.jpg

黒いエラみたいなの所までは食べません。
亀の手は大きくは甲殻類に分類されるので、本当に、カニ、エビみたいな味が♪

あと、H高さんお手製の"スズキのさつま揚げ"
これまた旨くて、娘もはげしく食ってましたw
satumaage201007.jpg

レシピはこちらから。
さつま揚げ

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

幸せを呼ぶ貝「コウカイ」
週末、chuが唐津入りする事になった。

chuもオレが唐津にいなけりゃ、中々来れない土地。
一緒に、ラスト唐津を堪能しようと。

せっかくchuが来るので、地物を食べてもらいたい。


先日、テツさんとItoちゃんが獲ってきてくれた"亀の手"と"みな貝"が美味しかったので、自分で獲りにいこうかと。

今日は会社を早くあがれたので、家に帰ると、急遽予定変更で嫁と娘と海に遊びに行く(笑)


今日は大潮。夕方からどんどこ下げる。


裏の海へ、ちょっくらお出かけ。


下げている間は遠浅なので小さな娘でも安心。
やっぱり子供は砂遊びが好きねぇ~
20100701a_convert_20100702021739.jpg
こんな直ぐに海に入れる環境って素敵だったなぁ~(過去形w)



そしてメインの目的である コウカイ獲り(笑)
娘を嫁に委ね、浅瀬をウロウロ。
20100701b_convert_20100702021759.jpg

ここは、結構コウカイが獲れる。
コウカイはツメタガイなどと同じ、二枚貝を食べる肉食性のshellイーター。
なので、潮干狩りができる浅瀬にいるの。
幸せを呼ぶ貝「コウカイ」

唐津でも大きいのはスーパーで結構な高値で売っているし、フレンチの食材になるくらい食べても美味しい。
コウカイ=テングニシ

なんとか、BIGONEを含む6本げっとん!♪
koukai100701.jpg

砂の上に鎮座しているヤツは容易いんだけど、水中の砂に埋まっているヤツは見つけにくい。
ちょっとした色の変化を見つけて、熊手でアタック!

感触があればゲットです。

同時刻に、やはりコウカイ狙いの長い熊手を持った地元のおばちゃん登場。
さすがプロ。あれよという間に、7,8本獲っていった。

おばちゃんからハマグリもらった。ありがとう!

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

リリース
いや~、早いもので今年も折り返しですね。




突然ですが、、、




私、サラリーマンです。

会社の言うことは 『ぜったぁ~い』 です。

そんな私に、会社はポツリと言いました。










「東京に帰ってきなさい」












という事で2年半の唐津生活を卒業し、7月末には東京に戻ります!
6月頭には決まっていたんですが、社内リリースを終えたので、このブログでもご報告。




唐津に来て2年半。
このすばらしい土地を離れるのは非常に残念でなりませんが、、、会社の求めるところにこたえなきゃいけないのがサラリーマンですからね。


唐津のすばらしさはあげるとキリが無いのですが、海あり、山あり、川あり。自然豊かな土地柄でいて、福岡まで1時間という立地。
ほんと住み良いところです。

せめて、唐津で生まれた娘の記憶が残るくらいまではいたかった思いは強いですが、私にとっても第二の故郷みたいなもの。
唐津で知り合ったたくさんの人達との繋がりは残るので、またいつでも遊びにこれます。


振り返ると長い人生の中で、この唐津で仕事をしながら過ごした2年半は私にとっての人生のご褒美だった気がします。


残り僅か。唐津での1日、1日を噛み締め、味わっていきます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。