ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボート ライトジギング
いつもボート釣りに誘っていただく、ボートオーナー常(つね)さん船長からまたお誘いただきました♪
今日は、人数少な目の4人で釣行。
いつもの肥前方面の港から6:30出船です。

出船前に、同船のDr.アラカブさんが宣言。
『今日はイケスを真っ赤に染めてやるぜぇ~(アラカブでw)』
船中大爆笑。
091031.jpg

今日も、基本アラカブ狙い。私は、前回通りカマス担当を自負。
その為にタックルは、もうベイトタックルは家において、ジグサビキのスピニングタックルとルアーキャスティング用はヤスからレンタル。
(シーゲートがオーバーホール中の為)

今日も好天気と凪に恵まれ最高の釣り日和。
091031g.jpg

常さん船長が長年の経験で実績のある鷹島周りの15m~20mラインの根を周ります。
前回は、1投目からカマスが入れ食いでしたが、今日は1日かけてカマスは10本もいかず。
群れで動く魚は天気と一緒。1ケ月経てば状況も激変です。

それでもジグサビキにアラカブは好調。
arakabu091031.jpg
arakabu091031b.jpg

基本自作の3本サビキですが、一番下のサビキに保険のサバの切り身を掛けておけば安心。
エサ付けは面倒なので、全部に付ける必要はありません。
エサがベラにカジられて無くなっても、動かし続ければちゃんと食ってくれます。

アクションはキビキビしたほうが食いがいいみたい。
なので、状況にもよりますが、ジグは40g前後の方が良い気がします。
足元で食いが悪ければキャストもありだけど、ジグのロスト確率は上がるかな・・・。
デフレジグで十分ですね。

保険で、ホタテノヒモを買っていったのですが、根魚にはまったく効果無く。
ジグのアシストフックに掛けてたら、カワハギが数匹(笑)
kawahagi091031.jpg

お昼は、いつも通り阿扇漁港に係留♪
awaport091031.jpg
お昼に陸に戻って一服できるとホっとするね。
阿扇漁港にある”かあちゃん食堂”
mother091031b.jpg
mother091031.jpg
なぜか食堂内に、網の模型があって(笑)
なんのアピール?
teichiami091031.jpg

後半戦も、根をはしご。
091031d.jpg
途中の沖根で、イナっ子が水面に沸くのを発見。
ただ、何も追ってない。悠々と泳いでる。
ルアーをキャストするも、反応無し。

今回も前回のように、青物を期待したんですが、キャスティングはまったくダメでした。
沖の平磯周りにも付けてもらって、ルアーでネチネチはやってみたんですが、シーバスも付いてなかったか・・・
091031e.jpg
最後にアジの泳がせもやってみたけど、バイト無し。

でも、船中一同出る言葉は、
『やっぱり海の上はいいよなぁ~』
まったく同感です。




イケスはまぁまぁ真っ赤になったかな?
091031b.jpg
091031c.jpg
釣果は4人で山分け。

しかしもって、毎度ながらこのアラカブの濃さはすごい。この海の豊かさか。

家に帰り、タックルを借りたヤスにもお裾分け。

さ~て、週明けから唐津くんち。
しばらく釣りはいけそうに無いです。
スポンサーサイト
ボウズmemo
7:04満潮!
出勤前にドンピシャ!
いつもの地磯でイカじゃい♪

なんて息巻いて早起きしたものの・・・

玉砕

ウソ~ン・・・
ショック・・・

勝手なオレ流秋イカ必勝パターン崩れる・・・w

自然が相手。絶対は無いと分かっているけど。。。

南東の風も、上げ潮も条件はビンゴ!
これでイカが出なかった事は無い・・・


ハズダッタ


やっぱり原因はベイトか・・・

後から来たカゴ釣りのおっちゃんが、ここ最近マメアジが
付かなくなったと。。。

おかっぱりってむずかしいわぁ~
氷の自動販売機
先日のヒラマサ釣行の帰りに しげしゃん から氷の自動販売機を教えてもらいました。
300円入れてボタンを押すと・・・ ゴゴゴゴゴゴゴ
太いパイプから クラッシュアイスがドドドドド!!!
噴出してきます。
icebender091028.jpg
地元の漁師さん向けに販売しているものなので、とってもお得♪
呼子から船がでる時は、コンビニで板氷買う必要ないねん。

自動販売機の場所はココ(緑の矢印)

大きな地図で見る
小型船舶免許
chuが 小型船舶免許2級 げっとん♪ 
おめでと~
091026_2234~0001

これで岩井の船外機ボートも思いのままね。

オレも更新が心配になって免許を見返したら更新が5年なのね。
まだまだ安心。

あ、唐津に来てから住所変更してないや・・・



追記

今日気になったんで、唐津の海上保安庁まで行ってきました。

住所変更は更新の時でいいそうです(笑)
結構アバウトね。
神経締め
こちらの船宿は、釣れた魚は全部イケスに入れて港に着いた後、1本1本丁寧に締めてくれます。

先日お世話になった小川島の船長のケースだと、神経締めまでしてくれました。
ヤズの1本1本までですよ。
すげ~丁寧。

一連の流れとしては、
1.脳締め
2.神経締め
3.鰓の根元を切って血を出す。




神経〆ですが、頭の所に、体と平行にキリでプスっと・・・
PA220327_convert_20091027005757.jpg
そして、太い針金を骨沿いにズズズ・・・ と入れて、何回か前後にグリグリと。
PA220328_convert_20091027005836.jpg


・延髄沿いの神経を壊す
 ↓
・脳が神経に発信する死亡信号を遮断
 ↓
・死後硬直を遅らせて身のもちをよくする

これをやるやらないで、死後硬直までの時間がかなり変わってくるそうです。
鯖・平政・真羽太
色々釣ってきて、さぁーて消化していかなきゃね、と思ってた矢先に、、、


今年も頂いた。済州島沖の鯖♪ 今年は5本も。多謝。
あいかわらずパンパンですな。
saba091025.jpg
済州島沖のサバ

早速〆鯖に。
ちょっとこだわって、〆る酢は、九州産。
ちょっとお高めですが、薩摩産の玄米黒酢。このまま飲んでもツンツンしません。
すごいまろやか。TRIALでゲットん。
kurosu091025.jpg
更に、黒酢に、ちょっとだけ、柚子酢を混ぜます!
yuzusu091025.jpg
この柚子酢は、福岡の 江崎酢醸造元 が作っていて、唐津のスーパーだとモリナガでしか見たことありません。
この柚子酢に醤油を足すと美味しいポン酢としてもいけるのでいつも重宝してます。
サバを〆る酢にレモンを入れるパターンもあるので、今回から柚子酢で香り付け。


更に、3本(半身6枚)も鯖を使ったので、時間をずらして色んなパターンを試してみる。

塩の〆時間 : 酢の〆時間
1.  30分      15分
2.  30分      30分
3.  60分      30分
4.  90分      60分
5.  90分      半日

オレはやっぱり、生っぽいのが好きなので1.2.あたりがやっぱり旨いと思うんだけど、
嫁は身が硬めで酢が利いている方が好みらしく5.
嫁曰く、
『〆が浅いと、だんだん脂がくどくなってきてたくさん食べれない。』
まぁ、これは好みで分かれる所ですな。
        
半身6枚の〆鯖は一気には食べ切れんので、一部冷凍庫行き。
残りの2本は味噌煮にして、明日から消化開始。


平政は 頭とカマはアラ煮
kabuto091025.jpg
カブトは、皮がゼラチン質たっぷり&胃袋がコリコリでこれまた旨いのよね。



さすがに、和風な食事ばっかりだと飽きてくるので、
真羽太は、アクアパッツァ
aqua091025.jpg
初めてハタでアクアパッツァを作ったんだけど、ほんとハタ属ってなんでこんなに身がトロッとすんのかねぇ~

どうでもいいけど、ハタって漢字で 羽太って書くのね。
初めて知った。
魚育
”食育” という言葉がありますが、今後の 娘 への食育を気にする、その前に、あえて 嫁 にしっかりと ”魚育(?)” せねばと痛感しております!!!


それは昨日の事・・・

船長からもらったデカマサをキッチンでさばいている時の事。

今回は、綺麗にさばきたかったので、すき引きでうろこをコシコシ。
PA220344.jpg
PA220346.jpg

その様子を見に来た 嫁 がとんでもない事を口にした。












嫁:「おっきいね~ これスズキ?




私:「 ・ ・ ・ ・ (絶句) 」





このブログでも、報告している通り、そんなにしょっちゅうでは無いが、ポツポツ釣れたスズキを嫁に何回も見せているし、ヒラスズキを釣った時は、見せながらヒラとマルの違いを講釈のたまわった事もある。
さらにヒラマサも去年釣ったときにも、おっきいね~ と驚いていたのはなんだったのか!?


かのマザーテレサが言っているが、『愛』 の反対は 『無関心』 なんだそうだ。

スズキ という単語と画像のリンクを 『興味の無さ』 さが消し去ってしまうのか・・・
釣り師の嫁として、せめてスズキ属とブリ属の区別はしてほしいと願うのは間違いでは無いはず。


娘よ。おまえは分かってくれるよな???
PA220342.jpg

デカマサ・・・
行ってきました。”落し込み”&”ジギング”
先に釣果報告すると・・・

うぉりゃぁ~! ヒラマサじゃい~!
hiramasa091022.jpg
フィッシュグリップで私が持っているのが本日最大6.8kgのデカマサ
デカマサが船中6本。

他にもこれは釣果の一部。
choka091022_convert_20091023112525.jpg
ヒラマサ、ワラサ、ヤズ(イナダ)、サワラ、シイラ、イサキ、タカバ(マハタ)、

上記4人の釣果ですよ♪





そう4人の・・・




実は・・・







私・・・






ヒラマサは・・・










釣ってない!
(写真は持たせてもらってるだけw)



前置きは十分だと思うので回想にはいります(笑)

今回お誘いいただいたメンバーと呼子に5:15待ち合わせ。
皆さんこの釣りのエキスパートなので、タックルが凄い。
私は1本 バーチャルジギング用のタックルを借りたのですが、リールも6500番だし、
PE5号のリーダー80lbって(笑) ノットの編込みも丁寧ですごかった。
091022.jpg

5:30に出港。4人の貸切ですw
いきなり小川島のシャローでヒラマサ狙いのキャスティングをちょっとだけ。
残念ながらおれはキャスティングタックルは持ってないんで見学。
こちらは残念ながらノーフィッシュ。

そこから1時間くらい走って、着いたポイント。落し込みで狙う60m。
幹糸16号 ハリス15号の6本針サビキ仕掛。
第1投目。 50mくらいで、プルプル・・・ ウルメイワシが付いた。
2,3匹付いたかな? サミングしながら底まで落とす。

そしてドンッ! でも軽い・・・ なんだよ~ヤズかな
と、巻いてきた途中で 更に ドン! ギューーーーン!
おぉ!!! キタぁ~~~ ネルビオが根元から水面に突き刺さり、踏ん張るのが精一杯。
そして、、、 間もなく、、、






プチ





根ズレ。上に掛かっていたヤズだけあがってきたw お前じゃねぇ~!
1投目からこれ。そこから3回連続ブレイク・・・

今日の釣行では、船中ヒラマサは全部落し込み仕掛でしか掛けられず、私だけで都合6回のブレイク。
買ってた落し込み仕掛3セットは全て無くなりました(泣)
あーーー、ヒラマサ1本は獲りたかったなぁ~
周りもプチプチいちゃってましたが、獲れる時はちゃんと獲れてる。
よしかずは6.8kg筆頭に計4本。うらやましかぁ~
でも、道具じゃない!よしかずが使っているはこの昭和のリールじゃい!(爆)
syowa091022_convert_20091023111032.jpg


ヒラマサのポイントが落ち着くと、またちょっと走って今度は根魚狙い。
船長がイケスにアジを確保してくれてていて、それをサビキの一番下に掛けて落とす。
takaba091022_convert_20091023111235.jpg
タカバ(マハタ)げっとん♪

すると、船の周りにいきなりシイラが集まってきた!
Dorado091022_convert_20091023111318.jpg
これはジグを軽くなげて、軽く沈めジャーキング後の止めでバイト!
60cmくらいのペンペンだけど、2枚げっとん♪
バイトシーンが見えて興奮した~♪

あとは、ヤズとサワラは船中結構な数があがってました。
ただ、ウケるのは船長以下、ヤズを釣っても誰も喜ばない。
途中で、ナブラが立っても、付いているのがヤズと分かると激無視には笑いました。


後半はジギングでがんばったんだけど、、、
最後に奇跡が!!!






aji091022.jpg
うそぉ~ん(笑) ありえん。

結局、ジグではヒラマサのバイト無く。
でも、落し込みで10kg以上のデカマサを獲るのは無理で、ジギングでしか獲れないみたい。


帰る途中で、船長の親父さんの船に横付け。
ara091022_convert_20091023111800.jpg
なにすんのかと思ったら・・・
ara091022b_convert_20091023112317.jpg
親父さんが釣ったアラ(クエ)。後ほど市場に卸すそうな。
生アラ初めて見た。

最後にシャローエリアでキャスティングをして帰港。
16時過ぎまで釣りしてました。
天気も良く、海も凪でめぐまれたなぁ~
デカマサ獲りたかったけど・・・リベンジを約束して港を後にしました。
akisora091022_convert_20091023111356.jpg


あ、でも船長が釣ったデカマサをげっとん♪(笑)
感謝です。
デカマサの半身は、嫁のお母さんが今日誕生日。
札幌に直送ですな。
オーバーホールとアシストフック
我が愛機 SEAGATE Light 4000H-PE
今年の5月に一度修理に出したんだけど、
ゴリゴリ感・・・

先日の生月釣行で、またもやゴリゴリkanですよ
大バエで50gのジグをブン投げて早巻きしてた辺りからおかしくなった。
今回は更に症状酷く、ゴリゴリ+巻上げが異常に重い。

なんでだろ?確かに出撃回数も多い分、酷使している自覚はあるけど、帰宅時には必ず真水シャワーをして、定期的にグリスも撃っている。

やっぱり新製品の初期ロットリスクなのかしらん・・・

とりあえず、本日ワールドでオーバーホール依頼。
しばらくシーバスはおあずけ。イカにでも専念するかね。



ところで、22日に夏休みをもらい、数人で船を貸切って
”落し込み”&”ジギング” という贅沢釣行してきます。
青物ジギングはタックルからして、始めるにはかなりハードルが高かったんだけど、先日仕事を通じて地元のとある会に出席。
隣に座っていた方が、かなりな釣りキチで意気投合♪

なんでも、自作のジギングロッドと予備のリールが3セットあるんで、貸してやるから行こう!とお誘いいただきました。
ちょっと初青物ジギングにチャレンジして来ます。

ただ心配なのは、自分の体力ね(笑)
私を知っている人はよく分かっているけど、私は、RPGの世界に例えると、前衛はれるタイプでは無いので。
種族で言うとエルフとか。 ジョブはそうね~、後ろで呪文唱えてるか、素早さが命のシーフかなw

1日中ジギングだと、ぜぇ~~ってぇ体力もたんけど、疲れたら落し込みOK って事なのでかなり安心。
初めての落とし込み釣り

早速、ジグを2本調達。
ジグの好みは、ランブルベイトファミリー信者。
東京湾のシーバスジギングの時はハオリジグのアルミピンクが私の中で神ジグ。
Lamble Bait Families
唐津では中々手に入らないので、ネットでカンパチハオリを。140gとか初めて使うしw
あとはシルバー系を1本買っておいた。
091020b.jpg
アシストフックも作ってみました。
091020a.jpg
091020c.jpg
クダコの4/0フックとかデカいね・・・
 
このサイトの説明が丁寧でほんと参考になりました。
http://www.pluto.dti.ne.jp/~nhratoms/mjo004.html
生月遠征
生月島(いきつき)に行ってきました。
長崎は平戸の更に奥。西端に位置する九州では言わずと知れた1級ポイントですね。

ヤスと相談して、壱岐に行こうかとも悩んでいたが、生月には釣りで行ったことのないオレの希望も汲んでもらい、ヒラ狙いで土曜の23:30出発。


夜道だと、2時間で到着。
夜明けには時間があったので、イカ狙いで波止をランガンするも、北西の風強く
ヤスがアジングでイレパクを横目に、おれは車中でZZZ

5時過ぎに 1級ポイントの 大バエ に到着。
さすが日曜の朝。既に3台が待機。

暗いうちから磯に降りるも、西風強く。でもサラシは完璧。
obae091018j.jpg
っていうか、磯際に立ち、フード被って高波の飛沫被りながらがんばったんすけどぉ~
obae091018a.jpg
ノーフィッシュ・・・
obae091018b.jpg
ルアーマンは7~8人降りてましたが、周りでもダツが1本あがっただけ。

9時に大バエは撤収したんだけど、帰りがね。
道はあれども、この超急勾配を上ります・・・
obae091018g.jpg
山登りよりつらい・・・
obae091018d.jpg
釣れてないとなおツラい(笑)


次に行ったのが、ヤスお薦めの、生月島西側のゴロタ場。
ここもいい感じでサラシが出ていて、更に風も収まってきていい感じ。
091018a_convert_20091019072345.jpg

エントリーからヤスと左右で分かれてチェックするも反応無く・・・
ここもだめかよ、とゴロタ場を歩いていたら、アングラーが4、5人。
聞くと、雑誌編集者のチームで特集記事用。
しかも、皆さん1、2本はちゃんと獲ってるじゃありませんか・・・
確かに皆さん今日はベイトっ気が無いと口を揃えますが、その中で獲れる獲れないは、完全に腕の差ですな。

でもヒラいる事はわかったので、気合入れなおし。
裂波120のボラカラー 沖の根の際をトレースした途端 ゴゴンッ!!!

と遂にキタ!

声には出さず 心の中で叫ぶ うっひょぉーーい♪♪♪ 
やっときたーーー! ヒラ、ヒラぁ~
追いアワセも確実に慎重に寄せてくる。結構いい引き♪
そしてランディングで、ゴロタ浜に打ち上げると・・・・











!? の、、、ノぉぉぉーーー! ち、チヌぅ! 50cm
tinu091018b.jpg
それを見た雑誌チームの方が駆けつけてくれて携帯で撮ってくれた。
すげーいい人。
tinu091019.jpg
更にその人が持っていたカメラでもパシャリ
ひょっとしたら11月発売の雑誌に載るかもしれないって。
ヒラじゃないのに(爆)


その後、ヤスと合流し、再度別の場所から降りて攻める。
沖岩の横を通すとバイト! おっ? グングン! キタ! ふっ・・・
と間もなくフックアウトでジ・エンド。
こういうワンバイトが獲れるかどうかが釣果につながる(泣)

直後に裂波を根掛りロストし、自分の中で完全にこと切れる(笑)

車に戻り、疲労困憊。アドレナリンが切れると足はガクガク。
大バエの昇り降り。ゴロタ場も何キロ歩いたろうか。

14時に生月をあがって、ヤスと運転を交代しながら帰途に。
助手席ではほとんど意識無かった。
ごめんヤス、後半のヤスの話はほとんど聞いてなかったよ(爆)
秋イカ
巷では既にイカシーズン突入ですよね。

ホームグラウンドの地磯での鉄板イカパターンは、
潮が大きい凪日の満潮前。上げ7分くらいから止まるまで。
だいたい唐津の潮時では大潮が近づくと、出勤前釣行にビンゴになる日が何日か発生する。

ほんとは昨日の朝がベストだったんだけど、(満潮7:15)
満を持しての4:30起き(今日は満潮8:02)

5:00に到着するも、平日の暗いうちから地磯に降りる物好きは誰もおらんよね。
風はそよそよで、潮位も高く
さっそく、いつもの鉄板ポイントをチェックすると3投目くらいに、足元で来た
いや~、300前後の秋イカサイズ♪ 久々じゃい。
091016a.jpg
エギ王Q浅3号 このカラーは夜用のお気に入り。
ところが続かない。う~ん、去年であれば連荘パターンなんだけど・・・

でも、ポイントを移動してドン!
091016b.jpg
アオリーQ3.5号 マーブルサクラダイで背中に線が入ってるヤツ。
背中の線がポイントね。これも最近お気に入りです。

更に、キャスト。
エギを沈めている時間でH高さんにメール送ってたら、フォーリング中にノッテたw
091016c.jpg

更にもう1杯追加し夜も明ける。

いつも会うカゴ釣りのおっちゃんが登場。
聞くと、昨日60upのスズキを2本
マメアジが寄ってるらしく、イカもスズキもついてる感じね。

さっそくプラグを投げるもそちらはノーフィッシュ。

7時に後ろ髪引かれつつ撤収・・・
嫁との契約は、
『出勤前釣行は、7:30に家に戻ってくること』

九州は関東と比べて30分~40分は日の出が遅い。
日が出てこれからって時なんだけどなぁ・・・


091016d.jpg
今日の日の出
091016e.jpg
散歩
昨日、今日とすんばらしい秋晴れ。気持ちいいね。

昨日は、大分→熊本まで抜けて丸1日観光。
091012a.jpg



さすがに疲れたので、今日は家でのんびり。
午前中からのんびりするべく、娘をなんとか寝かしつけようと試行錯誤してたら嫁から一喝
寝るわきゃねーし、掃除すんから散歩でも行って来い、と追い出された(笑)
散歩と言っても、娘はまだ歩けんから抱っこしてブラブラするだけなんだけどね。

虹の松原まで、ちょっと車を走らせてお散歩。
思い立って 近くの 車海老養殖場 へ
091012c.jpg

唐津と伊万里には車海老の養殖場があります。
活エビ売ってくれます。でも、通常の活エビは高い。

ターゲットは、地元の人だけに安く売ってくれる、B級品!

ちょっと小さいとか、足やヒゲが欠けたとか、そんなやつ。
当然食うには問題ない訳。
ただし、安定供給してない。早いもの勝ち。




行ったら、ラッキーな事にちょっとだけ残ってた。
「これ全部ください~」
091012b.jpg




対応してくれたおっちゃんがすごくいい人で、図に乗っていろいろ質問してみた。

おっちゃんの回答
・車海老のエサは配合飼料で企業秘密。
・養殖は、卵を産ませて孵化させてそれをまた育てる。繰り返し。
・ちょっとかわいそうな話だが、卵を産ませる為に、大きくなったエビの目をガスバーナーで焼く。
すると、生命の危険を感じ、子孫を残そうと抱卵する・・・・



活きエビは、紹興酒で酔わせてから蒸しエビ・刺身・天麩羅 ありがた~く頂きました。
ダツにサゴシ
台風一過の2日目。

ちょうど風も無く、うねりだけが残る好条件。

朝5:00に起きて呼子方面の地磯に。
暗い中到着すると、予想以上のサラシ!
思った以上にまだうねりは残っていて。でも、風も無いし条件は悪く無い。

ヒラに期待しつつ、暗いうちから投げ始めるもバイトは無く。。。

夜明けと共に、急に水面にも魚っ気が・・・
いけそうな気がする・・・

と思ったのも束の間、最初のバイトは!・・・・ダツ(笑)
091010a.jpg
初めて釣っただよ。結構デカくてびっくり。
うねうねしてるから、あげる直前はデカいカマスかと思った。
裂波120のライムチャート

すぐに、またバイトがあって今度はサゴシ(サワラの子)・・・
あげた時はデカいサバかと思ったさ。
091010b.jpg
更にサゴシを1匹追加し完全に夜が明ける。

どうもシーバスの気配は無く、あきらめて青物狙いのジグサビキ。
これもサゴシが(笑)
091010c.jpg

実は、このジグサビキお手製。
sabiki091010.jpg
sabiki091010b.jpg
ボートのジグサビキで市販のカマスサビキでもプチプチ切られるもんで、自分で作ってみた。
フラッシャーは兎に角ハデな方がいいようなので、レインボーと白で巻いて。
ウキ止め糸があったんでそれでチモトをぐるぐる巻いて最後は瞬間接着剤。
カマスの歯対策で、ビニールパイプでハリスを保護。

ま、サゴシには効果がある事が判明。

結局サゴシ3 ダツ1 で8時前に終了。

サゴシは皆が口を揃えて匂いがキツいと言うので、ダツも合わせて全部味噌漬けにしてます。
ボウズmemo
10/7(水)
台風前の風がいい感じで強くなってきましたよと。
ヤスを4:30に迎えに行く。
いつもの漁港にチェックしにいくと、シーバス5,6匹がうようよ見える。
なのに、スイッチ入れられず。
こういうのが一番くやしい。

その後、新規開拓で海岸道路沿いのゴロタ場に降りるもノーフィッシュ。

いや~、風が強かった。
ボウスmemo
10/2(金)~3(土)
今日もまとまった雨が降って夕方には明ける。
ヤスを誘って前回と同じパターンで小河川河口→漁港→松浦川河口
娘を寝かしつけてたら一緒に寝ちゃって、0時前に家を出る。

んでノーフィッシュ。松浦川ではボイルもしてたから、いない訳じゃぁ~ない。
腕の問題だ。

家に帰ってちょっとだけ寝るつもりが、5:30起床。。。寝坊だ。。。
狙っていた呼子方面の地磯に6時に到着。もう夜が明けている。

土曜だもの、各所カゴ釣り、フカセ師で占拠・・・
寝坊はいかんよ。
1ケ所だけ空いていたイカポイント。リリースサイズの小イカ1杯。
去年は、今の時期から調子良かったのに、今年はイカの着きが遅いのか、、、


10月4日(日)
今日は、4時30に起きる!昨日のリベンジ!!!
磯マル狙いのベストポジションで夜明け前から投げ続けるもノーフィッシュ・・・

夜明け直前。沈もうとする中秋の満月。
091004.jpg
後から来た、ルアーマンもダメで、カゴ釣りのおっちゃんも魚が寄ってないと。
いつも釣れるマメアジが寄ってないっぽい。
7時前にヤスも合流磯まで降りてきたが、一緒に帰る事に(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。