ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨あがりに◎
今日は久々に朝から唐津にまとまった雨が降った。

夕方には晴れてこりゃぁいい塩梅。
家に帰るなり嫁に宣言。
オレ:「今夜は夜中にちょっとだけ釣りに行ってくるから
嫁:「ふ~~ん

23時をちょっとすぎてコソコソ用意をして、
オレ:「ん、んじゃ、ちょっと行ってくるわ!」

途端に、
娘:「びぇぇぇ~ん!
嫁:「泣いてるよ

う~ん・・・まさに計ったようなタイミング

おぉ~~ よしよし、いいこだねぇ~ ねんねしなぁ~
・・・と、なんとか再度寝かしつけ、23時半にいざ出発。

今日は雨上がりという事もあり、狙いは家から15分の某小河川河口。
到着するも釣り人おらず貸切。
濁りも入って、水位も上がりいい感じ・・・・・

なんだけど、ショアラインシャイナーのレッドヘッドとSASUKE列波のライムカラーを交互にチェックするも結局ノーバイト。シャローにベイトっ気はちょっとだけあったんだけどね・・・
下げ止まりの0:30になり、帰ろうかと思ったらヤスから電話。
仲間とのボーリングが終わってこれから合流すると(笑)

んで近くの漁港で待ち合わせ。
河から近い漁港なので、ここも薄濁りでいい感じ。

ヤスと並んでキャスト始めるや、なにやら隣のヤスがドラグを鳴らしてる
「なに!?きたと!!?」

2投目で、SASUKE裂波のレッドヘッドにバイト!
77cmの立派なシーバス!
090929a.jpg
090929b.jpg
早速フィッシングワールドのシーバスダービーに登録。

あの~~、私も隣でレッドヘッドは投げてたんですが・・・・(爆)
結局この1匹で1:30に終了~

でも、とにかく顔が見れて良かった。
スポンサーサイト
生シラス
シルバーウィーク最終日はさすがに疲れもたまりのんびりしてました。
chuは午前中に唐津を後に。
今日は博多観光して明日東京に戻るとか。
来年こそはヒラマサの落とし込みを!



晩御飯食べていたらH高さんから電話があって、生シラスをもらいました
肥前、駄竹港は、秋になるとシラス漁が風物詩です。

なにもつけなくても、淡い塩味が効いてて○
もちろん飽きたら味ポンを少々も◎
sirasu090923.jpg
またボートでジグサビキ
またボート釣りにお誘いいただきました。今回はchuも参加の6人で。

オレはエサ釣りはやらずに前回で味をしめたジグサビキメイン。
ボートでジグサビキ

今日は小雨がふれども気持ちの良い凪。
090922a.jpg
今日は前回行けなかった鷹島周りで大暴れ。
朝からジグサビキが大当たりでカマスが入れ食い。
波止からじゃまったく効かないカマスのジグサビキも、ボートからだとアホみたいに釣れる。

カマスが去ればアラカブ。しかも、今日は良型揃いでした。
時にはジグとサビキに一掛で♪
090922b.jpg
そして時には、ジグに一掛で(笑)
090922c.jpg

途中ジグを遠投していたら途中のラインにカモメが絡むハプニングも(汗)
090922_0842~0001
今まで、話は聞いたことがありますが、初めてカモメを釣っちゃいました。
なんとか糸絡みを解いてリリース。


お昼になり一旦鷹島の港に停泊し、港の食堂で昼飯を。
boat090922a.jpg
ついでに燃料補給すると?
どうするのかと思ったら、電話一本で軽油配達です(笑)
boat090922b.jpg
こういうもんなんですかね~



腹が膨れた所で後半戦。これが激アツ!

沖の磯周りで突如沸いたナブラ!それも3ケ所くらいでボイルしまくり。
ボートの先端でオレとchuでジグを投げまくる!

そしてオレに強烈バイト!激しい突っ込み
ところが、なんてたってタックルがエギ用のセフィアにトリプルクロス(苦笑)
ロッドはのされて、ドラグがジリジリ・・・そして根ズレでプッチン・・・
獲りたかったけど、タックルの時点でアウト

気を取り直して今度はローリングベイトのイワシカラーを投げる!
また、バイト!
今度はぜえってぇーーー獲る!
と息巻いてみたものの、、、案外簡単に寄ってきた65cmのサワラ。
090922f.jpg
う~~~ん、本来なら嬉しいんだけど
その前のバイトが強烈すぎて・・・
このサワラがこんだけ簡単にあがってくるんだから、前の魚はどんだけの青物だったのか・・・

その後ナブラが収まり、ナブラ打ち終了。

その後も爆釣モードは続き15時に沖あがり。
090922d.jpg
いや~、6人でよう釣りました。
090922e.jpg
ボートのジグサビキカマス&ナブラ打ち。
癖になるばい。
壱岐に!
chu、ヤスと壱岐に行ってきました。

家から5分の唐津東港から10時20分のフェリーで。今回は車も一緒に積み込みます。

フェリーあずさ号。帰りに乗ったエメラルドからつ号のほうがかなり綺麗でした。
090920a.jpg
前から乗って、
090920b.jpg
シルバーウィークという事もあり、満車状態。
090920c.jpg

風がまだおさまっておらず、1時間半の航程もかなり揺れて。子供達が具合悪そうにトイレの前で並んでいるのが印象的でした。
090920d.jpg
ちょっと遅れて印通寺港に12:15分到着。

郷ノ浦方面で昼飯を。chuはウニを。オレとヤスは磯飯。
腹がふくれたところでいざランガン!

釣り場のマップとワールドでポイントは確認していたんだけど、いざ行ってみてびっくり。
”猿岩” どこから降りるの状態の絶壁。
”小松崎” 駐車場からどんだけ歩くの!っていうくらい遠い。

ちょっと上記2ポイントは諦め、風表方面の ”左京鼻” 方面へ。
”馬の背” で見つけた教科書通りのポイント。
090920e.jpg
完璧なサラシと、沖の島!

・・・なんだけど、出すことできず。

次ぎに左京鼻近くのゴロタ場。
090920f.jpg
ここもいい感じでサラシが効いてたんだが、出たのは良型のアラカブのみ。
ログサーフ144F キビナゴカラー
090920g.jpg

結局ここで夕暮れを向かえ、ダイエーで夕飯調達。
夜釣りは、芦辺近辺の波止をチェックしてから風裏求めて郷ノ浦方面へ。
烏帽子崎方面の波止をランガン。

途中の神田港でオレとヤスがシーバスの1バイトづつでキャッチできず。
最終的に行き着いた、烏帽子崎近くの島。

足場は良く、カゴ釣りのおっちゃんが一人いて、聞くとキロアップのイカがあがってたとか。
さっそく一投目で500gサイズをゲット!
090921l.jpg
いきなり釣れたんで、こりゃイカパラダイスかぁ~!?と思ったのも束の間、エギでの追加は小イカ3杯のみ。
ヤスが2杯良型をヤエンでバラすし。

ただ、ポイントの潮通し良く、外灯もある。
ソフトルアーを投げれば、アジとカマスがよう釣れた。

その内、ヤスが足元にシーバスを発見。数匹ついている。
・・・が、激スレでルアーには、まったく反応せず。
そんな中、ヤスがアイスジグでバイトまで持ち込むも、痛恨のラインブレイク

あきらめたオレは、ルアーの代わりにアシストフックを装着。chuが釣った小アジを泳がせるとこれが一発バイト(苦笑)
強烈に走る銀体に最初はカマスに邪魔されたと思いきや、エラアライしてあがってきたヒラフッコ。
60cmにちょっと足りません。
090920i.jpg

その後は泳がせもバラシのみ。
結局、3時頃にオレとchuは車中泊。

朝6時に起きて、イカを追加するもそれで終わり。
青物も残念。
090920j.jpg

壱岐のうろこ雲と朝日。素敵でした。
090920k.jpg

結局の所、壱岐とは言え、ポイントの見極めとタイミング。なによりも獲るスキルが無ければちゃんとした釣果は得られないってこってすな。

今回は、いい勉強になりました。
壱岐は外灯も少ないし、空気が澄んでるので、平地でもめっちゃくちゃ星が綺麗。
とにかくどこの波止に行っても人がいないか、少ないのでプレッシャーは低いね。
しかも小さい漁港も多く目移りします。
波止についているシーバスがヒラだったりと、ヒラのストックポテンシャルは期待がもてるし、一晩ちゃんとシャクッてヤエンもやればイカもかなりの釣果が見込めるんではないかな~

今年中にもっかいチャレンジしてみたいね。



ヤスは結局徹夜で釣りしてた。さすがに若い(笑)
朝マズメ後、8:20のフェリーで壱岐を後に。
帰りは3人、川の字になって爆睡。

唐津に戻って、chuとオレは、嫁と娘も引き連れて長崎観光。
さすがに疲れたばい。
シルバーウィーク初日
シルバーウィーク初日にもかかわらず天気はいいのにすっごい風。
釣りへのモチベーションは低く。

H高さんがアユ獲りに行く予定だったので、一緒に連れて行ってもらった。

水温冷たく、体がもたず、アユの行動パターンも前回と違って難しい。

結局H高さんが4匹獲ったのみで、2匹おすそ分け(感謝)
ayu090919.jpg

貴重な天然アユは、1匹はchu用の塩焼きに。もう1匹は背越しにして嫁と3人でいただきました。
シルバーウィーク前
今日から休みを取ってシルバーウィークに突入!

朝、福岡空港でchuをピックアップ。
唐津に着くなりちょっとひと休みして、早々に釣りに。

chuが”カゴ釣り”したいって事で、釣具屋によってから呼子方面の地磯に。
到着するとカゴ釣りのおっちゃん達が4人。
状況聞くと、今日はコッパグロしか釣れんらしい。

天気は良いけどちょっと風が強く。サラシも少々。
090918b.jpg

オレは、シーバス狙いもノーバイト。
chuのカゴ釣りはアジしか釣れず。

片手間にchuがジグでハタ2匹。
090918a.jpg
↓こっちは良型♪
090918c.jpg

その後更に風が強くなりいやな感じ・・・

夕方になり、夜の部に向けて一旦家に帰ると衝撃が!!!

明日予約していたヒラマサ落とし込みの船宿から電話があり、明日は出船中止
しかも、シルバーウィークの他の日は全て満員
変更もきかず。
そもそも6人しか乗せないし、無理もしない良心的な船。
無念だけど、今回は落とし込み釣りは断念・・・

夜になり更に風も強くなる。。。

ヤスと合流して風裏のポイントをランガンするも、ノーフィッシュ。
疲れもあったので終了。
秋ですな~
日増しに涼しさも増し、朝シャワーの後に、脱衣所に出るのがおっくうになってきました。
結局あっという間に秋突入ですね。

昨夜、ヤスがサバを差し入れてくれました。
saba090915.jpg
鮮魚運送関係の知り合いから朝にあがったサバをゲットしたそうで、2本おすそ分け♪
丸々パンパン。
早速1本は〆サバに、もう1本は味噌煮込みにでもしようか。

脂ののったサバを見ると秋を感じます。
あと、こちらではカマスが接岸すると秋だなぁ~と。
そろそろ秋イカもシーズン突入かな。


さて、今週はシルバーウィーク。18日からchuが唐津入り!!!
嫁に対しても公然と釣りができる6日間(笑)
毎年恒例にせんとね(爆)

今年もやるよ!ヒラマサ落としこみ!
初めての落とし込み釣り
あと、ヤスと3人で壱岐にも行ってきます!
http://www.ikisite.com/9-tsuri.html
ランガンも、、、
23:30にヤスが到着。オレの車で出発。

今夜は鷹島を攻める。鷹島の波止を3ケ所ランガンしたけど、ノーフィッシュ・・・
だめね~

肥前、名護屋方面に戻って波止を2ケ所。カマスを2本・・・
今年もカマスの季節がやってきたね~

レンジバイブ90にはやる気のある良型がバイトする。
でも、ジグサビキが空振りだったのにはショック・・・カマスと言えどもスイッチ入れるのは難しい。
kamasu090915.jpg


そうそう、我が家に冷凍庫が登場。
1Fのキッチンには置き場所無いんで、2Fの物置部屋の片隅にw
box090915a.jpg
box090915b.jpg
大きな冷蔵庫はあるんだが、冷凍庫がパンパンでね。
嫁に、もう釣ってこなくていい! とか言われるもんで、それなら小型の冷凍庫を買いましょうよ。と
これも2万しなかった。引き出し式で使いやすい。

結構冷凍庫で幅を効かせていたのが、釣り用の氷、保冷剤。エサ(アジ、塩漬けササミ)だったりするのよね。
今週は、
先週末は、土日を魚の為に時間を使ってしまったので、嫁対策に思わず宣言。
「今週の土日は釣りにいかん!」

嫁:「ふ~ん、でも平日はいくんでしょ?」

汗)汗)汗)


「今週はさ、明日から東京出張だから、今日の夜だけ行ってきていい?」

夜中0:00に家を出る。
ヤスに電話をして、情報を仕入れようとしたら、今から合流するとwww
あんたも好きねぇ~~~w

結局、波止を3ケ所回ってノーフィッシュ。。。オレがレンジバイブで良型カマスを1本だけ。
最終手段で、某小河川の河口に。 どシャローなんだけど、ベイトっ気もあって、期待して投げているとヤスに強烈なバイト!
ランディングの為にネット片手にヤスの隣で佇んでいたら、ドラグを鳴らして突っ込まれて、手前で根掛かりロスト。最悪パターン
ヤスもメジャークラフト使っていたので、HI-TIDEなら獲れてたかもね。


先週獲った魚達は、食いきれない分は干物に。
試しにベラも干物にしてみたけど、悪くはないね。
himono090909_2.jpg
特に小アユの干物は、骨まで食べれて、酒の肴に最高です。
himono090909_1.jpg
憧れの
H高さんのおかげで天然鮎9匹ゲットん
ayu090906.jpg
唐津の恵みに感謝です。

しっかし疲れた(笑)

去年、玉島川の鮎祭りに行ったけど、お祭りの鮎は全部養殖ものでがっかりした覚えが。
ランガン

今日は遂に憧れの天然鮎を喰らふ。

家に帰って早速定番の"塩焼き"
sioyaki090906.jpg
養殖ものに比べると天然は細身で、食べても身がしまっている感じ。
はらわたも、天然だと安心して食べれるし(笑)、苦味も独特。

そしてH高さんのお父さんも大好きな。
"背越し洗い"
segoshi090906.jpg
鮎のこんな食べ方があるんやね。
酢味噌で食べましたが、身を何も付けずに口に含むと、すーーーっと独特の青い香りが広がる♪
スイカの香りとはよく言ったもんだ。
苔を食べている鮎ならではの風味ね。

嫁も大絶賛。

はらわたで、うるかにもチャレンジしてます。
ボートでジグサビキ
仕事関係で知り合いになったボートのオーナーさんがまた釣りに誘ってくれた♪
もちろん二つ返事でOK。
前回同様のアラカブメインにサビキでアジを釣ろう的な5人でのんびりボート釣り。
久々のボート
ただ、いろいろ試せて楽しめるのがボート釣りのいい所で、私は別プランを画策。

肥前方面の港から、6時に出航。
残念ながら今日は北東の風が強く、ポイントは風裏限定。
090905b.jpg
鷹島までは行けず、向島(むくしま)周りで我慢する事に。

最初はいつも通り、ネルビオtypeⅠ 3本胴付仕掛け、サバを切り身にアラカブ狙い。
arakabu090905a.jpg
アラカブにまじって相変わらずベラがよう釣れる。いや逆か。
こんだけベラが釣れるなら・・・と、カワハギ仕掛けにチェンジ。冷凍アサリも買っておいた。
ところが、これが空振り。こんだけベラがいるんだからいそうなもんだけどね。

次に、エサ釣りも早々に飽きたので、ネルビオは小アジを泳がせて置き竿で端物狙い。
トリプルクロスを持ち出しボートジギング開始である。
底をシャクればアラカブが♪
arakabu090905b.jpg
中層ではカマスが!♪
kamasu090905a.jpg
おっ!カマスいるのね♪・・・ そこで閃いた!
最近発売されているジグサビキを参考に。たまたまカマス用6本サビキを持っていたので、3本に切り分け、その先にジグを。
これが大正解で、ちょっと沈めて鋭くシャクって、フォールで緩めると、ガクガク!
または、遠くに投げて中層をスローリトリーブするだけでガクガク!!!
エサ釣りを横目に入れ食い状態。
kamasu090905b.jpg
4本一気になんてことも!
ルアーがハマったら手返しはエサ釣りの比になりません。途中から完全にカマス担当に(笑)
こんな向島の沖提周りにカマスが寄ってましたね。
090905c.jpg
もちろん、もしや・・・と思ってバイブもタイトに投げましたが、シーバスの気配は無く。
変わりに、ジグに強烈なバイトであがってきたヤズ
yazu090905.jpg
デカエソ(笑)
eso090905.jpg
楽しませてもらいました。

シャローではエギやトッププラグを投げたりもしましたが、ノーフィッシュ。
だけどボート釣りは色々な可能性があるので楽しいね。
13時前には沖上がりで十分満足。例によって釣果は皆で山分けです。
090905last.jpg
トップかよっっ!?
先日、レンジバイブで1本獲った波止。
北風も吹き続けていて、同じ条件でもう1回!と欲が。

今日はヤスを誘って、夜明け前に余裕を持たせて4時に家を出る。
平日にもかかわらず先着3名。
前回獲った場所は空いていたので、キャスト開始。
潮高もあり、上からシーバスが泳いでいるのが見えるし、時にライズも。

期待を込めて、レンジバイブ→ナバロンスツーカをメインに前回同様の攻め。
ところが今日はまったくバイトせず。しかもチェイスも無い感じ。

あれ・・・?

と、戸惑う私を尻目に正解を出したのがヤス。

シーバスが水面を意識していると判断。imapopkeyで、73cm!
seabass090901.jpg
奥のエラまでガッポリ喰うてまんがな・・・
seabass090901b.jpg

ま、まじっすか!? TOPっすか!

遅れまじと、ダイワのペンシルポッパーを投げるも時既に遅し。
夜明けと共に外灯に付いていたベイトが散るに合わせて急速に魚っ気が消滅。
6時前に撤収でした。

前回のパターンもあったし、波止のシーバスは叩かれているだけにスレていると踏んでTOPはまったく頭になかった・・・
当然、その日その日でパターンが変化してるってことよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。