ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動膨張式・・・
昨日、ヤスから情報があり。
呼子方面の地磯で、北東の風でいいサラシが出ているとか。。。
いてもたってもいられず、目覚ましで4:30に起きていざ出発。

ポイントの上に到着して俯瞰すると、出とるわ出とる。
綺麗なサラシが♪

ところが、降りて愕然

打ち寄せる高波。
平磯場だったので、周期的に波がせり上がってくる


さすがに身の危険を感じ、海際までは近づけず、道具を置いてしばし様子見。
外海側では完全に無理と判断し、シャローの方に近づいた時に・・・

 寄せて来た膝くらいまでの波に、足をさらわれ、軽くコケる。
ウェーダーをはいているので、濡れるのは平気なんだが、思わず、波にまかせて磯の上で仰向けに寝てしまった。

波が引いて起き上がると、耳元で変な小音がする。
『プシュ------------』

ん?ぷしゅ~? 何の音?


間もなく、

『ボンッ!』





■使用前
ライジャケ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
■使用後(爆)
2009-0731-0643.jpg

うんうん、2年半前に買ったライジャケだけど、ちゃんと機能したね!
さすが。よかったよかった。
そろそろ、ボンベも交換しなきゃね、と思ってたのよね。

っっっておい!!!
スポンサーサイト
スズキのフライ
fly090729.jpg
最近、シーバスが釣れるとかならずフライを作ります。

特別な味付けはしません。
普通に、塩胡椒。小麦粉はたいて卵、パン粉付けて揚げるだけ。

ただ、1点こだわっているのは、身を切る厚さ。
厚さ1cm未満のそぎ切りにします。
それ以上厚くするとまずくなる。

薄いほうが衣と白身のバランスも良いし、高温短時間で カラっ と揚げられます。

揚げたてをタルタルorソースで サクっ と食べるのがたまんないのよね。
朝雷
目覚まし無しにふと目が覚める。
時計を見ると 4:20 お、これなら行けるか・・・
昨日は、起きたら 5:30 で断念したばかり。

それでも迷う。

・このまま寝ようか、、、
・ここんとこおかっぱりは釣れてないしなぁ~
・でも、最近北東の風に変わったし、ベイトがついてるかもしれんし・・・
・今週は出勤前に行けるのは今日くらいだしなぁ~
・おっ?結構いい風吹いてる?

そして、横で寝ている娘と嫁を起こさぬように、ベットからそぉ~~~っと降りて(笑)
急いで準備して、出発!
ところが、ポイントに迷う。なんか予報と違って風が南西っぽい。

波戸?原発?呼子の波止?地磯?近くの島周り?
一旦原発方面に車を走らせるも、やっぱり通いなれた呼子方面の地磯に急遽変更。

小雨の降る中、車を走らせ夜明け直前にポイント到着。
風が西からで微妙だったけど、サラシはそこそこあり、潮目も出ていて期待はもてそう。

薄暗い中でキャストを開始すると勝負は早く、3投目で磯マルゲット
家で計ったジャスト60cm ひさびさ~、うれしぃ~♪
suzuki090729a.jpg
suzuki090729b.jpg
ナバロン シンキングのチャートゴールドを後ろからパックリ。
沖目にキャスト。ゆっくり引いてきて足元のサラシの中でのバイト。

その後、夜が明けてルアーをナチュラル系に変えて投げていると、裂波120のアルミカタクチにチェイス。
サラシの中で一瞬浮き出た魚体は、体高があるヒラっぽいシルエット!

こりゃ、マルとヒラの食べ比べかぁ?とテンション最高潮も、その後はバイトに持ち込めず・・・

そうこうする内に、南西の空からゴロゴロ・・・嫌な予感
間もなく雷光連発しかも近づいてくるw
そしてバケツをひっくり返すような雨。

命あっての物種。ロッドをしまい。スズキをさばいて早めの撤収
suzuki090729.jpg
ちなみに腹から出てきたベイトはキビナゴでした。
kibinago090729.jpg

しっかし、九州はまだ梅雨が明けません
090729.jpg
夜焚きイカ
7月のおかっぱりはボウズ続きで、さすがに魚の引きを味わおうと、久々に船に乗る事に。
ヤスと相談して、夜焚きのイカに。
乗合船は昨年の秋以来で久々です。

ヤスと我が家で合流して、25分かけて呼子まで。17時30出船。
お客は2人だけ(笑) オレとヤスの貸切ね。
海はここ最近の大雨低気圧の影響で、うねりが残っていて、ポイントまで1時間の予定が30分プラス。
というか、そんなに走るのにびっくり。

19時前にポイントに到着し、船に電気が灯り、パラシュートアンカーで流していく。
こちらは、協定で船と船と間は1マイル以上空けないといけないそうな。
090725a.jpg
090725b.jpg
タックルはオレはネルビオⅣに電動。 ヤスはマルイカ専用ロッドにカウンター付リールのライトタックル。

光につられて、ベイトが集まり、それにつられてイカも・・・という流れ。
仕掛けは、プラ角ではなくウキスッテが主流。しかもお祭りがないのでダブルカンナの仕掛けしか売ってません。
棚は一番深い所で50m。オモリは30号~50号
おっぱいスッテの仕掛けで望んだんだけど、今日のアタリは、布巻きのレッドヘッドでした。

フグの猛攻激しく、オッパイスッテは尽くボロボロに。
パターンとしては、棚は常に安定せず、底~15m を拾い釣り。
090725c.jpg
釣れるイカは、ケンサキイカ(マルイカ)で、関東のマルイカサイズも出ますが、良型が主体。
デカイのは一見ヤリイカじゃないの?って思いましが、船長に聞いたら、
「ヤリイカはよ、こっちではササイカっつって、もっと胴が細くて足が短いのよ」 だそうです。

途中、船長がイカをさばいてくれて船上で♪
090725e.jpg

ヤスと2人で、獲った棚を申告しながら、ポツポツと。

昔作ったイカ釣りの仕掛けも使ってみました。
プラヅノにもちゃんと乗りましたね。当然か。

結局2人でほぼ同じペースで釣って 2人で27杯。
目標は1人30杯だったので、半分・・・
自宅用には十分だけど、ご近所配る分がね・・・w

っていうか、船長と親父さんは30杯づつくらい釣っているので、ダブルスコア。
我々も修行が足らんとです。

0時過ぎに沖上がり。
久々のフルタイム沖イカ釣りに疲労困憊。
帰りは、後ろのデッキにアルミレジャーマットを敷いてくれて、ヤスと爆睡
釣ったイカは生簀に入れたまま戻り、雨で港の水は濁っているからと、港に戻る直前の外海で生簀からあげてくれました。
090725d.jpg
なんとか、秋まではこれで冷蔵庫のイカストックをもたせるかな・・・
ブヨ その後
今朝出勤前に、ホテル近くの皮膚科に寄ってステロイド系の内服薬と塗り薬を処方してもらいました。

ブヨってほんとイヤ。
蚊の比では無いよね~

川だけにいるかと思ったら大間違いで海にもいます。

いつも行く地磯にも、これからの季節いっぱい。
なので、暑いと言ってうかつに肌を出せません。
虫除けスプレーも効かないからタチが悪い。

釣れた魚やイカを置いておくと、すごい集ってくる。
ハエかと思ってよく見るとブヨ。


なんとか対策をと、このサイトが為になりました。
http://nature.i-ra.jp/e3317.html

なるほど"ハッカ水"ね。
あと、ポイズンリムーバーも買っておくかな・・・
090722.jpg
リターン オブ ブヨ(ブユ)刺症
19日に東京入りして20日から河口湖に来てました。
会社の研修合宿で、決して釣りでは無く・・・

研修内容はアクティヴラーニング。
所謂、非日常の活動を通して、ビジネスに通じる部分を体感→気付き→学んでいくというもの。
東京にいるスタッフとのコミュニケーションも取れたし、有意義な合宿だったのだけど・・・

プログラムの一つに、沢登りがありまして。
生来、沢登りは初めての経験。かなりハードで、11人チームで3時間ゴールを目指して沢を上る。
もちろんレクリエーションでは無く、ちゃんと目的と狙いがあるプログラムなんだけどね。

水に"濡れる"プログラムがあるからと、レインコートを持ってくるように指示されていたんだけど、オイラのゴアテックスも沢に"浸かったら"役に立ちませんわね(笑)
沢登なら言ってくれればウェーダーを持っていったのに・・・

それでも、最初は気持ちよく登っていたが、疲労と思った以上のハードさ。
後半は濡れた体に疲労困憊。

追い討ちをかけるように、後から気付いたブヨ・・・
左手がパンパン。思いっきりグーが握れない・・・
手の甲をプチっと刺されました。
2009-0721-2215a.jpg2009-0721-2215.jpg
おまけに、首と頬とあごにも。
いやいや、酷いね。蚊の方がどんだけマシか。

以前にもchuの別荘で、刺されたのを思い出した。。。
ブヨ(ブユ)刺症


そうそう、 "沢登り" って シャワークライミング って言うのね。
なるほど。確かにシャワーだわな。

シャワクラ

初めて聞いた。
ホウズmemo
まとめてボウスmemo

7月14日(火)
出勤前釣行
南西の風強く!絶好のヒラ日和と波戸方面の地磯に行くがノーフィッシュ。

7月16日(木)
夜釣り
風強く、小雨も降っていた中で、呼子方面の波止へ。
シーバスは足元についていたが、ルアーにはまったく見向きもせず。
見えイカ発見もエギ忘れた・・・(泣)

7月17日(金)
ヤスを誘って名護屋方面の波止→呼子方面の波止→近所の船溜まり。
ヤスが掬って、くれたイシガニのみ。
船溜まりでは、橋下にシーバスがついているんだけど、スレてるねぇ・・・



ってな感じで、7月に入ってまったく魚の引きを味わっておらず・・・
ポイントの選択とタイミングが間違ってるんだろーなー。
ボウズmemo
今日は朝のチョイ釣り。5時前に呼子方面の地磯に到着。

小雨の降る中、さすがに釣り人は0
凪で魚っ気も0

あとから来たルアーマンが、ジグサビキでアラカブを何本かあげてた。
へーー!なるほど、ジグサビキで底狙いもありね。
090711.jpg
そうこうする内に、向こうからゴロゴロ・・・
釣れないから早々に撤収して、車を走らせた途端、バケツをひっくり返すような雨。
梅雨明けは、もう少しかな。
yamayuri090711.jpg
しっかし、最近釣れんぞ・・・


ボウズmemo
久々の出勤前釣行。

ここ最近南西の風が強くてね。風表目指して波戸方面へ。

ポイントが広くて、絞り切れず。

ダメね~。
hado090709.jpg
ヒラ食いてぇ~~~
昆布〆
土曜の夜にヤスが土産でくれた イラとユメカサゴ
ira090708.jpg
イラは結構な良型。

なんでも、知人の所有船で、活エビテンヤ。
馬渡島沖で、結構釣れたらしい。

arakabu090708.jpg
kobushime090708.jpg
今夜は、カサゴは煮付け。イラは昆布〆。

唐津の人に、昆布〆 と言うと、 必ず 「なにそれ?」 って聞き返される。
こっちの人って、昆布〆やらないみたいね。

特に、イラみたいに、味があるけど身が柔らかい魚は、昆布〆にすると うんまぁ~ぃ けどね~。
ボウズmemo
傷の回復も早く、本日抜糸。
hand090702.jpg

早速ヤスを誘って夜釣りにw
ま、左手はリール巻くだけなので負担が軽いしね。

呼子方面の波止 → 近所の船溜まり。

船溜まりは、バホバホいってるんだけどね~
コツッ、っていうショートバイト や 引き上げ時の突き上げバイト。

いずれもフッキングせず。投げ倒していると、スレてアタリも無くなる。

難しいねぇ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。