ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寺泊 半夜ムギ
《♪海は荒海、 向うは佐渡よ♪すずめ啼け啼け、もう日はくれた ♪みんな呼べ呼べ、お星さま出たぞ♪》
北原白秋の 『砂山』

寺泊港の18時の時報で、この新潟県人なら誰もが知っているメロディーが港に響いた時は泣けてきました(大ウソ)

17:30には港に着いたのですが、船の上は既に満員御礼
満員御礼
昨日、出船中止の連絡を頂いた時に、以前に土曜は無理って言われていたのが、たまたまキャンセルが1名出たよ、という事で運良く押し込んでもらいました。
何気にトモのど真ん中ゲットです。
大ドモゲット
寺泊デビューだったので、ちょっとドキドキだったのですが、同船いただいた方達はホントに良い方ばかりで、楽しく釣りが出来ました。
右のトモの方は、栃木からの泊まり遠征。
左舷は貸切で、もっとびっくり。 愛知から2ケ月前に予約した団体さん。ワンボックス2台で強行軍だそうです。

18:30に出港、沖まで30分。11時沖あがりなので釣りができる時間は正味4時間ってところ。。。

ポイントに着いて船長のアナウンス。
「はい、どうぞ! 50mから上ね。いつもは20m~30mくらいだから。
 明るい内はダメだからね。」
私:(ま、まじで!? そんなに浅いのぉ~♪ これじゃぁ、手返し良すぎだなぁ~♪ワクワク)

なんて一人気合入ったのですが、なんだか周りの皆さんは
のんびりモード(笑

私:「あ、あれっ??? 投入していいんですよね???」
常連さん:「おぉ!入れていいんだよ! ここはね、明るい内はのらないんよ。」

お言葉通り、ひとり気合入れてシャクルも無反応・・・
20分くらい経過して、やっとこ40mで1杯。ナイス ムギサイズです。
私:「40mでのりましたぁ!」 周りにお知らせ。

ところがそれからも、周り含めて ポツン・・・・・・・ ポツン・・・・・
寺泊沖
船上では煌々と電気が海面を灯し、小さなイカや、それを追う魚も水面チラホラ。
周りも40mでのっているのですが、群れが薄いのか全て単発。2点掛けもありません。

いつ爆ノリタイムが始まるのかなぁ、と、ひたすらシャクリ続けて・・・・
気がつけば21:00 私まだ1杯デスヨ・・・

私:「あのぉ~、今日はひょっとしてこのまま終わっちゃったりしますかね???」
常連さん:「あはは~、今日はやばいね。ボウズも何人か出るでしょ。」

こ、こ、こりゃイカン! なんか変えやなきゃ! と、
14cmから11cmのヤリの仕掛けにチェンジ。ほら、バスでも渋い時はサイズダウンするじゃないですか。 でもダメ・・・

答えは・・・タナでした。
最初の1杯をあげた40mに固執しすぎ。
40mから群れがだんだん上がって来るんだろうと勝手な解釈。
今日の正解は70mライン。なんとか10杯追加して11杯で終了~
2点掛けが1回だけあって、残りはやっぱり単発でした。
トップは20杯・・・

32ℓクーラーが・・・
あれ?なんだか親父ゆずりの32Lクーラーがスカスカです・・・
実家には、70Lクーラーもあったんですがね。
迷ったんですが、ホントこっち持ってきてよかったです(笑

chuには、「おみやげよろしく! 月曜に取りにいくから!」
なんてメールをもらったんですがね・・・

あえて言おう!

「みやげってレベルじゃねぇーぞぉ!!!」

ムギ11杯
スポンサーサイト
必殺!
いきなり炸裂!
出船中止(T^T)

明日こそ…(>_<)

脳内洗浄
週末の予定が流動的で、今週は新潟で脳内洗浄する事に。

明日は、寺泊の半夜スルメを予約済。
ほんとは東港の電気かかり釣りの通しの夜スルメに行きたかったのですが、こちらは定常的に出ておらず、人が揃ったらGO!
今週末は、土曜の夜の仕立て船のみでジ・エンド

寺泊になんで通しの夜スルメが無いかというと、、、

『うちの港(寺泊)は協定で、かかり釣りができないの。夜中の操業も禁止なの~ ルールが厳しいのよぉ。』(船宿のおばちゃん談)

だそうです。

新潟のイカは例年と比べても、ちょっと様子が違うみたいですね。
ムギサイズの沸きが悪く、釣れるのはすでにスルメサイズだとか。

ツノは14cmって事なので、初14cmヅノです。
いままで、ヤリしかやったことないから11cmしか持ってないし。

あ~、また嫁にオモチャが増えたって言われるなぁ~~~(笑


土日は実家の用事が終わればフリーなので、レブロスのデビュー戦で近所をランガン予定。
ひとりノスタルジーにでも浸ってみるか。。。

座間養魚場
座間養魚場

土曜日に午前中に小バスと戯れた後、夕まずめまでの日差し回避で連れて行ってもらった釣り堀。
座間養魚場
屋根付きなので、初夏の日差しから開放され中は涼しかったです。

釣り堀なんて、小学校の時に行ったきり。
何気にワクワクしたりして。

料金は、最初の1時間が800円で、2時間以降500円。
高いのか安いのか? 微妙な所ですが、更にポイント制度が釣り人を熱くさせます!↓
ポイント
へらは、30cm以上からポイントが付き、20cmくらいの金魚が50pt
ポイントはそのまま次回の料金からマイナスする事ができます!

竿、仕掛け、エサは持ち込みも可。
釣り方は、底釣りオンリー。
貸し道具は、竿が10尺くらいのカーボンへら竿で、浮きは、通常のへらウキのトップの3倍くらいの太さ(笑

意気込んで始めたのですが、これが中々甘くない!

池の中には、へら、金魚だけでなく、ご丁寧にちゃんとジャミも混泳。
しかも、へらは、30アップは中々いないらしく、釣れてくるへらは新べらサイズ。
新べらって、エサを食べるのが下手なんですよね。

そんな状況下で、チクッ!なんて気持ちいいアタリは皆無・・・
ダンゴ打てば、ジャミがうるっさいし、グルテンだけだとアタリが止まるし・・・
結局、コレだ!って言うようなキメアタリを出すことはできず・・・

へら釣っても30アップじゃないと全然嬉しくないし
金魚を釣りたくても、へらと金魚の釣り分けができるはずもなく

結局3人で1時間だけやったんですがね。
へらはそこそこ釣れましたが、30UPは一匹も釣れず、
ポイントとしては結局金魚4匹で 200Pt(笑


いや~、時間の制限とお金が絡むと何気に熱くなりますね
座間養魚場の中

タナゴ
タ~ナぁゴぉ~♪タナゴぉ~♪たぁっ~っぷりぃ~タナゴぉ~♪
(キューピー・タラコのテーマで)


さて、ポイントから仕掛けまで全てはぎさんコーディネートの
タナゴツアー♪ 私の人生初タナゴです。

霞ヶ浦は、和田岬というポイントに連れて行ってもらいました。
幸いな事に、今日は薄曇で過ごし易かったのが何より。
和田岬

仕掛けと竿はこれ!ウキと竿ははぎさんの手作りです。
うはっ!♪ ちいさっっ!!!
タナゴ針なんて、カメラのピント合いまへんがな(笑
タナゴ用仕掛け


じっくりイスに腰掛け、葦の間からアシ際や、浮草の際を狙います。
ウキがへら浮きと違うので、ちょっと勝手が違いますね。
はぎさん曰く、
『浮きだけを凝視するのではなく、ウキ周囲も広くみて、かすかなウキの変化を捉える』と。
極小のへら浮きを使うのもありだとは思うのですが、タナゴはこれが
釣趣なのですね。

今日の目的はタイリクバラタナゴのオスをゲットすること!
オスは婚姻色が綺麗な為、はぎさん家の水槽行きに。
タイリクバラタナゴ オス&メス
どちらがオスかは一目瞭然ですが、フナなんかに比べればメスも十分綺麗ですよね。

エサはアカムシがメインでした。グルテンも使いましたがエサ持ち悪くて・・・
バラタナゴ以外にも、色々釣れます。
というか、外道の方が全然多いの。一番多かったのが雷魚の稚魚。
こんなに雷魚がいたら霞ヶ浦は雷魚だらけになるんじゃねーの?
って言うくらい。でも、ギルのいいエサなのかも・・・
その他の面子


釣魚によってもアタリが違うのが面白かったですね。
だいたい、雷魚は横走り。激しいのはギル。
タナゴに限ってはアタリは繊細で、モゾモゾ系。
その場にとどまって食べている感じです。

小気味いい引きは、どの魚でも楽しめるのですが、タナゴはなんと言っても釣り上げた後のその魚体の美しさでテンションアゲアゲです
うぉーーー! オス とったどぉーーー!!!(浜口優風に)』
釣って、見て楽しむ。これがタナゴ釣りなんですね。


逆に、銀色の魚体がチラっ、と見えて後、あげたらギルだった時の
ショックと言ったら・・・(笑

オオタナゴも何枚か釣れましたが、バラに至っては、メスが多くて、
オスは希少でした。

14:00降雨に合わせて終了。
都合、オス7匹がはぎさんにもらわれて行きましたよん♪
水槽行き


私の中で一番印象的だったのは、
ゴツイ竿を5、6本並べたコイ釣り師が吸い込み仕掛けをブン投げる
そのすぐ横で我々がタナゴを釣る・・・

同じ釣場での対極の釣り、それぞれの釣り模様ですね。

スモールバス
鬼怒川のスモールマウスには嫌われましたが、
鬼怒川

小貝川水系のスモールバスにはたくさん遊んでもらえました(笑)

小バスしか釣れませんでしたが、
サイトでリアクションじゃないと口を使わないパターン。
小バス

7ヶ所を車と足でランガン。
中々楽しかったです
小貝川


昼の中だるみには我孫子の釣り堀で金魚釣り。
最強にテクニカルでこちらの話は後日(笑)

新規ポイント探索
なんだか今週は天気予報も流動的。
ずっと土曜日は雨マークだったのが、ここに来て晴れに。

タナゴは日曜の予定なのですが、明日はバスに行ってきます。
鬼怒川探索ツアー!

先日、みやさんに釣らせてもらった鬼怒川。あそこ以外にもいいポイントがあるでしょ?ということで、みやさん、はぎさんと探索&ランガン。

ただ、闇雲に行き当たりばったり車で走ってもしょうがないので、そこは事前にGoogleマップで下調べ。

・航空写真マップで鬼怒川沿いを俯瞰。川岸に降りれそうな、めぼしいポイントをチェック。
・次に通常マップに切り替えて、そのポイントの近くまで道路が来ているのかをチェック。
Googleマップ


見ているとよさそうなポイントはいくつか出てきたので、あとは明日実際に現場に行って川まで降りれるのか?釣りができるかどうかですね。

新しいポイントを見つけるのもおかっぱりの楽しみの一つです。

Googleマップ
Googleマップのおかげで、いまや航空写真もパソコンで簡単に検索できる時代。

海岸線沿いにマップを拡大してみていると、航空写真ではありますが、浅いラインの根の陰を見る事ができます。

浮島周辺

ほう・・・、ここの根はこんなに広かったのねぇ~ なんてね。

Googleアカウント取得すれば、マイマップで魚マークを付けることも可能。
ここで釣れたよ、なんて釣日記みたくMAP上に残しておくのもいいかもしれませんね。

Googleマップ と addidas GPS-RUN が連動してくれたら言うこと無しなんだけどなぁ~
携帯のGPS機能で・・・


継続は力なり・・・
最近、ちょっと体が硬くなりまして・・・
一時、毎日柔軟してた時はかなり柔らかくなったんですけどね。
しば~らくやらなかったら、自覚でヤバイレベルになってしまったのでこりゃいかん、と。
だって、"体が硬いと疲れやすい" って昔、 あるある大辞典 でやってましたから。



思い立ったらその日から毎日柔軟!

足広げて、前屈ぅぅぅウウウウーーー! 

  イデデデデェ~~~

    う~ガマンガマン… 

さらに股裂きぃぃぃィィィィィーーー!

  オラオラオラオラ! リィィィィィーーー!
  ダイワのリールは世界一ぃィィィィィィーーーーー!


なんて毎日やってたら・・・


遂に左足の裏腿が悲鳴をあげました(笑

嫁:「えぇー!!! それ、どうしたの!!???」
私:「ぅん? おぉ??? ありゃぁ!? 

  なんじゃこりゃぁぁぁ~(松田優作風に)」

内出血!?


内出血!? ちょっと腫れてるところもあったので、スジ痛めた?
とにかく私の前屈に血管がついて来れなかったようです(笑
別に、痛みは無いのですよ。
嫁に指摘されて気付いたくらいですからね。

一気に柔らかくなろうなんて色気出したらこのザマです。
柔軟も度が過ぎるとこうなってしまうので皆さん気をつけましょうね。


相変わらず、私って極端ですよねぇ~
こういう性格が釣りにも出ている気がします(笑

CROCS(クロックス)サンダル
今、若者に大人気のクロックス(CROCS)サンダル
クロックス・ジャパン

なんと、SANSUIが代理店をやっています。
渋谷のサンスイでゲットできます!

私の会社でも、部下達の間で流行ってまして、皆、社内用のサンダルとして履いています。
当初、
私:「なんか、みんなそれ履いてるね?いいのそれ?」
部下:「えーー、知らないんですか!? これ今流行ってるんですよ!
   すごく軽くて脱げないからいいっすよ!」


確かに、街中でもクロックスを履いている若者をチラホラ見かけます。

早速、私も感化されて先日、cayman(ケイマン) カーキ
をお買い上げ~
ケイマン カーキ

玄関に置いてたら、
嫁:「あれ?何これ?このサンダルどうしたの!? 見たことある!」
私:「いーーだろぉーーー♪ 今、流行ってるんだぜぇ♪
    軽くて脱げなくてすげーーいいんだよ!フフン(100%受け売り)」

当然、伝染病の如く嫁も欲しい!という事に(笑

本日、会社帰りに渋谷サンスイで。
嫁が選んだのは、
cayman(ケイマン) コットンキャンディ
ケイマン コットンキャンディ

そんで、私も更にもう一足!?
offroad(オフロード) アーミー
オフロード アーミー

だって、これカッコいいんだもの~。
長さ調節できるストラップ付いててフィット感も良いし、アウトドア用って聞いたら
アウトドア用 ⇒ 釣り用 って瞬間的に変換しちゃいます(爆




そうそう、帰りにちゃんと上州屋にも寄ってきました。
スピニングリール購入です!


ダイワ レブロス2506(浅溝スプール)
ダイワ レブロス

500円の割引ハガキ使って、6,629円♪

先日、変な前フリしましたが、結局のところ、
エメラルダスだぁ、セフィア???
あっしには高くて買えねぇ~って(笑

でもこのレブロス、廉価版と言えどもあなどるなかれ!
・ 絡まない、そしてタフなエアベール
・ 滑らかでスムースな回転、デジギヤII
・ CRBB
・ メタルボディによるハイパワー/高耐久
・ 軽量・堅牢なアルミ鋳造スプール
・ スプールでの糸の食い込みを防ぐクロスラップ機構
・ 糸ヨレ激減ツイストバスターII
・ ABSアンチバックラッシュシステム
・ インフィニットストッパーII
・ トーナメントドラグ
・ マシンカットハンドル
・ カラマンローター
・ フラットワインディング
・ 5ボールベアリング

ダイワさん、廉価版にしてはサービス満点です♪

小さなビックゲーム
今週末は、初釣物の "タナゴ" にチャレンジします。
タナゴ
友人であり、タナゴフリークのはぎさんから教えてもらいます。
しかも、はぎさんお手製の専用竿を作ってもらい、使わせてもらう事に♪
つり道楽



ちょっと "タナゴ釣り" について事前にお勉強。

タナゴ釣りは、時代を遡ること、江戸時代。
殿様を熱くさせた江戸前の粋な遊びだったそうです。
当時は、女性の髪をラインに使用していた為、現在もその釣趣を引継ぎ、タナゴ用の道糸は黒いそうな。
へらと並んで、歴史ある日本のゲームフィッシュなわけですね。
マイナーな釣りに見えて、その実ファンも多く、専門店も存在する、
所謂コアな釣り物。


あと、タナゴ釣りと聞くと私は、 漫画 『釣りキチ三平』
の "小さなビックゲーム" という回を思い出します。


話の概要はうる覚えですがこんなかんぢだったかと・・・

ある日、三平の家に巨漢のカナダ人が尋ねてきてこう言います。
「日本で大物を釣る為にはるばるやって来たんだ!
大物がいるポイントを教えてくれ!」

三平は困りましたが、一計を案じ、そのカナダ人を近くの小川に釣れて行きます。
そして、なんとタナゴ釣りを教えるのです。

三平の理屈はこう。
「ゴツイ竿や仕掛けで大きな魚を釣るのがビックゲームなら、繊細な竿や仕掛けで小さな魚を釣るのも実はビックゲームである!」

それに共感したそのカナダ人は三平と一緒にタナゴ釣りの大会に参加し、最後には優勝してしまう!


という、ちょっと強引な展開の話だったと記憶しています(笑


私、へらはやっていますが、同じ淡水のゲームフィッシングとはいえ、
へら釣りとタナゴ釣りでは 小同大異?
あとは独特の釣趣がどんなものか、今から楽しみ♪

枇杷開眼!
今週末は、釣りは自粛(笑
ま、そういう時に限ってむちゃくちゃいい天気なんですけどね・・・

久々に築地に行ってきました。といっても、いつもと違い、
第一目標は 青果市場。
枇杷 びわ ビワ! ゲッツ!!!
しかも最高大粒3L!!!
枇杷



先日、岩井、山正丸さんで帰りのお土産に枇杷を頂きまして。
なんでも船宿業の傍ら、山で枇杷を栽培しているとか。
千葉って枇杷の産地なんですね!?知らなんだ。
”房州びわ”
しかも今が旬。
桃鉄で千葉の南房物件は農林で"びわ園"にするべし!


その枇杷、chuと嫁と3人で食べてびっくり。
デカイ!& 甘い!  えぇ!枇杷ってこんなに美味しいの!?

正に 枇杷開眼


実は、昨日友人がめでたく女児を授かりまして
お見舞いに行く手に、是非あの "房州びわ" をと。




もちろん仲卸市場も寄ってきました。
10:30頃になると、どんどこ店が閉まり出しますが、おかげで
売れ残り全部もってきなよ攻撃 にありつけます。
買い物
売れ残り1キロヒラメ 700円
売れ残り 超デカ蛤 500円/キロ

マルイカも旬真っ盛り、でも築地でも結構なお値段・・・
マルイカ

あと、マグロの卸のお店。この包丁!
武器
一番後ろの普通の出刃がかわいく見えます(笑

っていうかここまで来るとドラクエの武器屋。
・鋼の斧 1000G
・鋼の剣 1500G

昨夜の話・・・
釣りに興味が無い人にとってエギなんてものは理解不能なんでしょうね・・・
Myエギ



嫁:「あぁーーーー!またオモチャ買ってきた!」
私:「オモチャじゃねぇって・・・」

嫁:「これで何釣るの?」
私:「イカだよイカ。」

嫁:「え゛~???これにパクっって食いつくの?」
私:「いや、食いつくっていうか、エサだと思ってこれにしがみつく訳。」

嫁:「あっ、それでこの針で引っ掛けるんだ?」
私:「そうそう、、、、、、、


 あっ!あぶねっ!!! 針があぶねーから離せって!」
 ( ったく危なっかしい・・・)

嫁:「うわっ!何これ?千円もするの!??? たっか~い!」
私:「いいじゃん、別に・・・」

嫁:「しかも何これ!!?全部同じじゃん!?」
私:「・・・同じじゃねーだろ・・・
  よく見ろよ、色とか大きさ違うべ?」

嫁:「え~? でもこれなんか色も大きさも一緒だよ?」
私:「これはぁ~~~、沈む速度が違うの! 
  こいつはスゥ~っと早く潜って、
  こっちはフワフワゆっ~~くり沈むわけよ。」

嫁:「ふ~~~ん・・・なんか意味あんの?」

私:「状況によって使い分けんだよ!!!」



嫁:「ん?何貼ってるの? 何?そのキラキラ?」
私:「アワビシート・・・」

嫁:「ふ~~~ん・・・なんか意味あんの?」
私:「・・・・・・・・
 い、いや、こうキラキラっとするとイカが寄ってくるんだよ、だぶん。」

嫁:「え~? でもこっちに貼ってあるシールと違うじゃん!」
私:「そりゃぁ、シールだって色々種類があんの!!!」

私:「あっーーー!だからあぶねーから離せ、 

 離せって!! さわんな!!!

ライントラブル
先日のボートエギングの際、キャスト時のライントラブルが3回ありました。
キャストと同時に、「ボスッボスッ、ボスッ・・・」 ガイドに何かぶつかっていく音。

『あ~ぁ・・・またかよ・・・マジですか

状況は分かっているんです、PEラインの途中でいきなり、こんがらがった輪っかと結び玉ができてしまっているの。
昔にメバリングしてたときも、別のリールで同様の事が起こりました。

PEラインの途中に出来た結び目、、、
そんなのできちゃったら、リーダーとのラインシステムをまたリグるのイヤだから必死でほどきます。

先日は、2回目、3回目はほどけたのですが、1回目にやってしまったのはほどけず、、、
やむなく、

「chu、ちょっとボートはこのままぶん流すよ。ちょっと、ボートの上でノーネームノットをリグらなきゃいけなくなった(苦笑」

ほんとこれってストレスです。


原因はとうに分かっているんです。
スプールへの 平行巻き

私が使っているリールはひと昔前のリールなので スプールに平行にラインが巻かれます。
昔のナイロン、フロロラインならそれでも良かったのですが、PEラインが主流のソルト系はダメ。

私のイメージですが、食い込んだPEがスプールから飛び出す時にゆるんだ前の糸を無理やり巻き込んでしまう事があって、それがもつれてトラブルになるんだろうと思っています。
更に、メバリングやエギングは軽い仕掛けでスプールに巻かれる時のテンションが一定でない為、特にトラブルになりやすい気がします。
10号のオモリ投げているキスではトラブル起きませんからね。



では、どうすればいいのか???

新しいリールを買うしかないっすよね(笑
最近のPE前提のスピニングは、

ダイワ クロスラッピング(クロス巻)
シマノ スローオシュレーティングシステム(超密巻)

と各社、PEの食い込みを軽減する機構が開発されています。

スピニングの進化は凄まじいものがあり、上記以外にも各社トラブル減少の様々な技術が随時投入されてきますね。
やっぱり新しいものはいい!
村越正海さんが特にスピニングは新しいものを使え、というのにも理由がある訳です。

chuが持っている エメラルダス なんぞ、当然クロスラッピングで浅溝です。
シマノの セフィア なんかもすげー気になりますな!
でも、、、高いよねん、、、

でもいいかげん、ストレスから開放される為にもスピニングは買わなイカン!と思ってます。

↓因みに、ダイワのHPでのイグジストの謳い文句↓

"男の道具というものは、忠実な部下であり、友であり、そして息子であり恋人でもある。ともに充足の時を過ごすためには、自分のスタイルに合うように訓練し、育てていかなければならない。"

烏賊手刀道
一部エギンガーの間で静かなブーム?となっているアオリチョップ。

アオリイカのしめ方は、通常、●■の2ケ所にアイスピックのようなものを刺せば、みるみる色が白くなり綺麗にしまります。
アオリイカのしめ方
●の部分は胴 ■は足の部分がしまりますね。

アオリチョップはこの●■ポイントに的確にチョップを叩き込む事に他なりません。
むしろ、道具を使わない分、お手軽なしめ方、と言えるのではないでしょうか。





アオリチョップのルーツは古く、古来日本においては "烏賊手刀道" として古武道の一つとして数えられています(大ウソ)

【烏賊手刀道三訓】

一つ、 刃物は邪道 と心得よ

二つ、 手刀は二撃必中 と心得よ

三つ、 烏賊と海への感謝 おして知るべし



↓さて先日の、chuによるアオリチョップ実践の模様を動画で。



2杯目に、タブーとされている刃物を持ち出してしまいました。
これはいけませんね。
そして夜は更けて・・・
昨夜は沖釣りブロガーの方達と巣鴨の韓国料理屋で飲み会。
ちなみにお店はここです。
大成食道
ここの "上ホルモン(極上テチャン)" に嫁とどっぷりハマってます。
マジで旨い。月に2回は来てます。
このお店、新鮮なホルモンの仕入れルートをお持ちのようで、ここの"上ホルモン"は、硬くなく、口に入れると脂がトロっととろけます。

「ホルモンのIT革命やぁ~~~」
「肉汁の玉手箱やぁぁぁ~~~」


まぁ、そんなこんなで昨夜は夫婦そろって、泥酔酩酊(笑
私、後半の記憶が定かではありませなんだ。

ヤツです! マッコリです。 アルコール度数ビール並とはいえ、なめちゃいけやせんぜ。
炭酸が無い分、くぴくぴいっちゃいます。

夫婦揃って千鳥足で家に帰って、私ソファで爆寝。気が付けば3時。
頭がガンガン、気持ち悪ぅ~~~
嫁は、化粧も落とさずにベットの上(笑

『おぃ・・・化粧したまんまだぞ・・・・』

起きたら夫婦共々二日酔い。
嫁なんて、会社午前半休してやんの。


私、もともと酒は弱いんですがね。
年とともに、更に弱くなってる気がします。
まぁ、私の必殺泣き上戸を披露しなかった事が幸いです(爆

嫁のあんな酔っ払ったのも久々に見ました。

聞くと、横に座った怪しい人に無理やり飲まされたそうです。
萌え~


ウソです(笑

楽しくてついつい酌がすすんだみたいです♪

遂にキロアップ!?!!
朝日
今日は、天気がもって何よりでした。

4:30に岩井に到着。静かな海を見てひと安心。
chuのリクエストで、活きイワシは1人前 in the イケスで5時出船。
作戦的には、私アオリ担当、chuはイワシ泳がせ担当です。


朝一は、浮島周りの予定でしたが、浮島手前のマルイカ船団を見たら・・・

『この反応かなぁ~??? chuやってみて!』

2人で、ウキスッテ3本仕掛け投入です(笑

で、chuがいきなり3連発!見切ったかのように、『誘いあげて竿分フリーフォールで止まるよ、、、』
って言われてもあっしにはこね~んだよね。

それでもchu5杯、私3杯あげてオカズゲット!
後ろ髪引かれる思いで、浮島周りのシャローに。

私が早々にマルイカサイズのアオリをあげるも次が続かず・・・
ここからお昼までがウダウダモード。
船団と一緒にマルイカはどっかいっちゃうし、私のソフトルアーは不発。
chuのキスはピンギスがポツ・・・ポツ・・・のカサゴがポツ。



気を取り直して、アオリに戻して別のシャローを攻めるも不発・・・




それならばと、新しく見つけた広い根の10m~12mライン。

しっかり底までエギ落として、底をトレースする感覚でシャくってたら、

720g、900g、660g 3連発!!!
アオリ3連発!

これこれ!このサイズこそ春アオリ♪
最低ペアで付いている訳なので、最初の一杯釣れたところに同じパターンでいけました。

因みに900gのヤツは、正直キロアップだと・・・
家で何回計っても100g足らないの(笑
デカアオリの感覚無かったから、これでもキロないの!!!?ってのが正直な感想。

キロオーバーってすんごいのね。。。

でも、自分で苦労して出した良型3杯はホントに感動ものです



泳がせ担当のchuは?というと、ちゃんと仕事してくれました。

22mラインで 44cm の ワニゴチ ゲット!!!
岩井では、マゴチよりワニゴチの方が多いんですよね。
釣果


今日は、アオリにマルイカ、ワニゴチで堪能しましたよと。

addidas "GPS RUN"
以前にこのブログでご紹介した addidas "GPS RUN"
携帯のGPS機能で・・・

土曜日のおかっぱりの際に使ってみました。

現地に付いて、アプリ立ち上げて、"START"
釣っている間は、携帯閉じて、ポッケに入れたまま。
釣りが終わって帰る時に "STOP"

そうすると、こんなかんぢです。
addidas 

釣りしていたり、歩いたところは青くポイントされています。
地図の縮尺変えられるといいんですがね。
携帯画面の地図表示ではこれが限界かなぁ~

お遊び感覚で、見る分には楽しいです。

名ガイドのおかげで!
「一匹は釣らせてやるよ」
そんな みやさん の甘~い言葉に誘われ、行って来ました鬼怒川。

とは言っても、今日の昼まで二日酔いのグロッキー。
昨晩は、みやさんはじめとして学生時代の仲間と巣鴨で飲んで、うちに泊まってバカ騒ぎ。

胃液まで吐ききったらなんとか体調復活したので、取手まで電車で、そこからはみやさんの車。
はぎさんも途中で合流して3人で夕まずめスポット釣行。

タックルは、ヘビキャロも考えていたので、ライトなロッドでは無く、エギングで使っている長やわなロッドと、0.6PE巻いているスピニングの上から急遽4ポンドフロロをちょっと巻いて突貫で出撃。
鬼怒川に着いたのは16時前くらいでした。
鬼怒川


今回はみやさんのガイドでなんでもかんでもおんぶにだっこ。
みやさんから言われてたのは、

1.鉄板ルアーは マッチョ(ギガバイト) スモーク
 (マッチョは廃盤なので、事前にタックルベリーでミートヘッドの
  スモークをゲット)
2.流れがあるので、ワームに1/64ozのネイルシンカーを刺して、
 しっかり底を取る。
3.フックは小さめの2号で
4.アクションは デッドスロー
5.ラインは4ポンド以下
6.バスがついているポイントは岸際
7.ここのバスは食い込み浅いから即アワセ厳禁 のませる勢いで。

河岸に着いて、みやさんお薦めのポイントに立つ。

最初の 1、2投はみやさんからのダメ出し。

「もっと岸際!」
「早いよ、もっとスローに!1投5分くらいかけていいよ!」


その通りにやってたら・・・


いきなり3投目にホントに来るか?

私:「あっ!アタッった!!!

  ラインがスゥ~~~と横走り・・・

みやさん:「おぉ!来てるね!まだまだ、十分食い込ませてから!」

5秒経過・・・ アワせて!!!










ドンッ!   でちゃった・・・44cm(笑
でた!


7年振りのバスだし、しかも、魚体見たらテンパっちゃって、、、
ライン4ポンドだし、、、すげー引くし。

「み、み、みやさんネットないの?」(あるわけねーじゃん・・・)
「み、み、みやさんランディングしてもらっていい?」(それくらい自分でやれよ・・・)



いや~、これこそ、
釣らせてもらった
ってヤツですね。
ポイントからヒットルアー、パターンまで、自分でみつけてねーもん。
でも、久々にバスの引き、いや~楽しかった

その後はいきなり満足しちゃったもんだから、自分のパターン探してポイント変えたり、ヘビキャロ遠投、ワームチェンジ、バイブも投げたさ。
そんでもってノーバイト(笑
鬼怒川


その後、はぎさんも44cmゲット!(私が釣ったのと同じバス疑惑あり(笑)

鬼怒川は周りの騒音も無く、ネイチャーしてて気分は最高♪
天気も最高♪
鬼怒川の夕日


夜は、みやさん、ロッドをへらに持ち替えてお好み焼きガイド(笑
釣り談義で盛り上がりました。

なにより、自分が苦労して見つけたパターンを惜しげもなく教えてくれ、自分の釣りそっちのけでガイドしてくれ、私が釣れたら自分の事のように喜んでくれたみやさんに多謝m(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。