ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬
年の瀬ということで築地で買い出しに行ってきました。
本日は今年最後の開市日なのです。
場内市場に入りびっくり、いまだかつて無いほど一般の方が買い物されてましたね。
まぁ、当然通常のお店はお休みに入る所が多いのですからおのずと一般客用にはなりますな。

更に場外では何件かある玉子焼き屋に長蛇の列・・・w テリー伊藤のお店は完売してましたよ。
ラジオは築地へ行く車で渋滞が発生しているって。。。
やっぱり年末は皆さん築地かアメ横?
築地で買出し

タイ、タコ、シマアジ、カンパチ、平貝、赤貝、車海老、サーモン、とびっこ、蛤、山葵  あと、漬物数種
お正月用ってことで奮発して沢山買っちゃった・・・新年から魚三昧♪



ブログ仲間の皆さんに習って、ちょっと今年の釣りを振り返ってみる。

スミイカ  5回 21杯
マゴチ   2回 12本
ヤリイカ  1回  5杯
イイダコ  1回  4杯

メバリング 3回

エギング  4回
船外機ボート3回
防波堤   1回

へら   10回
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
合計   30回

今年はエギングを始め、また小型船舶免許を取得、船外機ボートの釣りに目覚めた年でもありました。
また、ブログ仲間の皆さんとオフ会で顔を合わせ、その楽しさが今後も続くので嬉しい限りです。
新年早々のオフが楽しみ♪

私に関わってくれた全ての方々にこの場を借りてご挨拶。
本年は本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
アオリはどこ?
今日は私とchuとガーさんで同期のサクラ?ブログ仲間のヤングチーム?出動です。
岩井は山正丸の船外機ボートでアオリ&カワハギを狙ってきました。

今日は、天気はいいし、あったかいし、海は凪だしで、本当に釣り日和でしたね~
岩井沖2
ただ、アオリのご機嫌はすこぶる悪く、まったくの気配なし・・・
船宿から教えてもらったポイントでもまったく反応無し。
先日は同じ岩井でハル父さんが交通事故とは言えアオリ1杯取っていますからね。我々もアオリの顔が見たかったのですが、、、

早々にchuがカワハギに切り替えて良型をあげるのでそこからはほぼカワハギ船と化していました。
岩井沖
それでもカワハギも3人でキープサイズが12枚ですから満足できるものではなかったですが、まぁのんびり釣りができたのでよかったです。
岩井周辺の地形やポイントも開拓できたので、また来年に期待という事で。。。
浮島


アオリは内房よりも相模湾が好調らしいので宇佐美ツアーに期待します!
つり丸
12月15日に発売された "つり丸" の最新号ですが、三喜丸のスミイカが載ってます。

オフ会でお世話になったH・K船長も写真付きで載ってたので思わず購入。
つり丸
お正月号という事でプレゼントがなにやら充実しているのでちょっくら応募してみるかな・・・
マゴチで年間チャンピオン?
今年の9月に新明丸さんでマゴチをやって11本取ったのですが、
マゴチ リベンジ成功!
その11本で今期新明丸さんのマゴチ年間チャンピオン?に推薦いただく事になりました~。
たまたま仁船長のお知り合いという事で新明丸さんに行って、マゴチ2回目で年間チャンピオン?って、まぐれ以外の何ものでもないわけで・・・(笑

先日新明丸さんのおかみさん?から連絡を頂いたのですが、
本日"日刊スポーツ"さんからもお電話がありました。
女性の方で丁寧に対応いただき、当時の状況や私の釣暦や普段の釣物なんかを聞かれました。
記念の"タテ"と"ジャンパー"をいただけるようです。
ジャンパーのサイズを聞かれたのでMサイズと言っておきました。

なんだか紙面にも載るようで、後日私の家まで掲載した紙面を送ってくれるそうなので楽しみです♪

あっっ、何日の紙面に載るのか聞くの忘れた・・・(爆
スミイカオフのお話
かもめ亭でのオフ前のスミイカオフのお話です。
当初7人で三喜丸の片舷を7人で、って予定だったのですが、としぼうさんが車の故障で来れなくなってしまったので6人と相成りました。

スミイカ経験者は、私&chu&けんいちさん
ゆうさん&真鯛侍さん&あめちゃんが初体験ということで・・・
三喜丸のH船長が出船前にスミイカ講習会をしてくれました。
H船長
さすがH船長♪
んでもって当日は大貫沖→下浦沖って感じでしたね。

今年の渋い中でも、なんとか皆さんイカの顔が見れてよかったです。
ゆうさんはお初で6杯!はお見事!
私とあめちゃんで仲良くスソコンビでした♪(笑
でもあめちゃんは初スミイカ&潮下で3杯はご立派です。

私としてはホントはスピニングで投げまくって釣りまくる予定だったんですけどねぇ~???
私のちょうど反対舷の仲乗りさんが11杯あげてるんだからまだまだ修行が足りませんなぁ~~~(泣

良い年なら皆さんももっと釣れていたと思います。
三喜丸
でも、今年はほんとに渋いンです。私もこんな年は初めてっていうくらいスタートも遅かったし、沸きも少ないらしく・・・

そんな中でも、この日はH船長のおかげで船中46杯!
仁船長もおっしゃってましたがこの日の為にポイントを絞っていてくれたものと思われます。感謝です。

これに懲りずに今後も好転する年はあるので、そうなったらまたスミオフやりましょう!
スミイカ
スミイカオフ会&かもめ亭オフ会
今朝嫁に起されたら嫁がびっくりしてるんです。。。
嫁:「どうしたのその声!?」
私:「あ゛ぁ゛ぁ゛~~~?」
声がしゃがれてる・・・風邪ではなく、
原因はひとつしか無い!昨夜のカモメ亭オフではしゃぎすぎ!(笑

昨夜は後ろ髪引かれる思いで、しゅうさんとカモメ亭をあとに神田駅まで。
帰宅してデジカメで撮ったハルちゃんとのツーショット写真を嫁に自慢したところから記憶が定かではありません(爆

ホントに楽しいひと時でした。いろいろ書きたいけど長くなるからいいや(笑
普段ブログ上で言葉を交わしているので、何の違和感無く盛り上がってしまうあの雰囲気が最高でした。
ホンビノス貝さんの料理も最高!!!釣師達が持ち寄った魚達が美味しい料理となって続々と。
食べるのに夢中で写真撮るのを忘れてしまった・・・
ガーさんのイシモチのさつま揚げ、イイダコ、天婦羅、メヒカリ、刺身はブリ、赤貝、スミイカ、シメサバ、カワハギの肝あえ、けんいちさんのマコガレイも絶品。その他諸々!お鮨も最高でしたね。

アルちゃんもおもしろかったし、にゃみさんのツッコミには職人技が垣間見えました(笑

ご隠居さんのビンゴも楽しかったぁ~、調子に乗りすぎて、言うに事欠いて 「ハルちゃん、愛してる~」 などと暴言も吐いてしまいましたが酒の席と、どうかハル父さんお許し下さいませ。m(_ _)m

仁兵衛船長や皆様ともっといろんなお話がしたかったのですがあっという間の4時間半。楽しい時は過ぎるのが早いですね。

最後にあらためて起案者のハル父さん、取り纏めのあめちゃん、料理をしてくれたホンビノス貝さんにお礼申し上げます。


えっ?その前のスミイカオフの話?
それはまた後日。結果だけ先に言うと私スソですから!(爆
私もハクキンカイロ!
何気にご隠居さんがブログで紹介されていた 「ハクキンカイロ」 が気になってまして・・・
懐炉
昨夜、会社帰りに池袋の東急ハンズで思わずゲットしてしまいました。
ハクキンカイロ

試しに使ってみると、、なるほど、かなり暖かいですね。カバー無しでは長く持ってられないくらいの発熱量です。
確かに使い捨てカイロよりはずっと暖かくGOODです!デザインもレトロチックな所が嫁にも好評でした。
日曜のスミイカオフのお供に連れていきます♪

私は新潟生まれなのですが、これの存在は知りませんでした。
会社の同年代は知っている人もいたのですが、関東生まれ。こちらでは昔からメジャーなのでしょうか?

東急ハンズのおっちゃんも会社の人も、
「ハッキンカイロ」と発音してました。こちらが正しい?
スミイカ釣り 最終回
最後にノってから取り込みまで。

シャクッた後、ズッシっとイカの重みを感じたら、かるく合わせる感じで更に軽くしゃくってそのまま早めに巻き続けます。
これはしっかり針掛かりさせる為です。

ある程度巻いても重ければもう大丈夫なのであとは普通に巻いてくればおっけー。
万が一途中で軽くなってバレてしまった場合はすぐにテンヤをもう1回底まで落とします。
おバカなイカちゃんはもう1回ノッてくる可能性があるのです。

無事にイカが水面まで来たら針掛かりの状況を確認します。
テンヤ又はスッテにがっちり抱きついていれば抜きあげても大丈夫。
ゆっ~くり抜きあげましょう。
この時注意しなくてはいけないのが、絶対スミイカを船にぶつけない事!
スミイカは自分に衝撃を感じるとその時点で墨をぶっ放します!!!

コツとしては、そぉ~~と抜きあげて、テンヤ、スッテを手で掴むと良いです。
↓↓↓こんな感じですね。
テンヤを掴みましょう!
この状態ではほとんど墨を吐きません。
あとはイカの目をおさえるようにイカを掴んではずしてバケツに直行!
バケツには絶対海水を入れないで下さいね。入れたら最後、真っ黒な水になります。

水面で確認して針掛かりが浅そうであれば迷わずタモをお願いしましょう。
スミイカ釣り ポイント3
本日はテンヤについて。

タコ釣りと違い、スミイカ釣りはシャクる動作以外、テンヤは動かしません。
しゃくって、そぉっと着底させたら絶対動かさないのが基本。
テンヤ着底後はちょっとイトフケを出して待つくらいでOKです。

タコみたいに小突いたりするとテンヤには絶対乗りません。同じ軟体動物なのに不思議ですね。

ただ、逆にテンヤは捨てて、スッテで誘う時にシェイキングしたりする時はあります。この場合、テンヤはあくまでもオモリ代わりです。
水中でスッテがぴくぴく動く感じをイメージします、、、そしてシャクるとノったりする事があります。
あくまでも釣れない時の1パターンとして。

あと、テンヤは最低2個は購入し、シャコを付けてバケツの中で待機させます。
これには2つの意味があります。

1.フグにかじられた時にすぐに交換するため
 →ポイントによってはフグの猛攻を受ける時があり、シャコがボロボロになります。すかさずテンヤごとチェンジ!です。

2.定期的にテンヤを入れ替えるため
 →船長はよく「テンヤを交換しろよぉ~」と指示を出します。
テンヤは蓄光塗料が塗ってあり、これが水中で光っていると集イカ効果があるので光らなくなったら交換しなさい、という事なのです。

ただ、以前に光っている時間を計った事があるのですが、光っている時間はせいぜい3分程度・・・そんなにしょっちゅう交換する訳にもいきませんので、気が付いたら交換する程度でよいと思います。

今日の格言
「テンヤは光らなくなったら入れ替える!」
(三喜丸船長談)
スミイカ釣り ポイント2
ちょっと風邪をひいてしまいました。
今週もおとなしくしています。

今日はスミイカのシャクリに関して。

【ポイント】
シャクリの間隔は5~7秒くらい。その日の最初にノッた時が何秒待ったシャクリなのかを覚えていれば基本的にそれがその日のリズムになります。
スミイカのシャクリは、浅場では思った以上に静かなシャクリです。
力を入れてしゃくってると怒られます(笑

船長曰く、「竿を軽く持ち上げるくらいで十分!」

コマセ撒く感じて激しくシャクッたが最後、絶対ノリません。

しゃくるのは、イカがノッていた時に針にかける為なのと、もう一つの目的はイカに見せる(アピール)する為です。
(ほ~~ら、ここにシャコがいるよぉ~~♪って)
なので時々思いっきり大きくしゃくったり、2段シャクリをしたりします。あくまでもたまにですね。

しゃくったら必ず上で竿を止めます!そしてゆっ~くり、そぉぉっとテンヤを着底させます。
でも、投げた場合はこれができないので、しゃくったらカーブフォールでテンヤがストンと着底するまで竿をあげたままキープです。
ホントはそぉぉっと置きたいのですが、投げた場合は難しいですね。

今日の格言
「浅場でのシャクリはソフトに。たまに見せるシャクリを入れる!」
(三喜丸船長談)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。