ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
墨袋フェチ?
先週の土曜日に釣ってきたモンゴウイカをさばいてたんです。
そしたら、思わず声が出ました!
「おぉ~ぉ~!!!こっ、これは!!」
それを聞きつけた嫁も台所に来て、
「ほんとだ!このイカのサイズにしては、墨袋おっきいね~~!」

って、なかなかうちの嫁も違いの分かる女になってきました。(笑
グッドサイズの墨袋です!
確かに今回釣れたモンゴウイカは、家で計ったら450g。
モンゴウにしては普通サイズ?
でも墨袋はびっくりの15g(計ってしまいました。)
要は、いかに墨を吐かせずに締めてしまうか、ってことなんですね。
やっぱり、釣ってすぐ締めたほうが墨袋はたっぷり残るということ。

コウイカを締めるchu!

今回も、釣った時にすぐに締めておいたんのですよ。
おかげで、濃厚イカスミパスタを堪能したっす。
超濃厚イカスミパスタ

しかし、冷静に考えてみた・・・今までも釣ったイカはなるべくすぐに締めてきましたよ?
なのに、経験上、450gサイズでこんなにも大きい墨袋は残っていたためしがない・・・
これは何を意味するのか?

要はだ、
『イカがかかってから、取り込んで、締めるまでの時間』
なのでは!?
秋から冬に私が経験してきた、テンヤのスミイカ釣りは、棚は浅くても20m~深いと70mの底からゆっ~くりイカをあげてくる!
水面に上がってくる間に、イカは墨をめちゃめちゃ吐いているのよね?
エギングの場合というと、こないだの栄の浦港は、棚は4m~5m(笑
そりゃ、墨も吐く前に取り込める訳ですよ。
エギングはそんな利点もあるんですね。
スポンサーサイト
海洋高校の釣り実習!?
学生の頃の友人のヒヤさんからメールが来た。
ヒヤさんは現在鹿嶋市に在住の高校教師。
メールの内容としては私のブログを見てくれた感想だったのだが、、、

 (ブログ)開設おめでとうございます。
 釣りはよく分からんけど現在は海洋高校。
 何とかついて行きたいと思います。
 昨年授業で初めて太平洋に出てきました。
 こんな感じですがどうですかねぇ?


※添付で写真が付いていて
良型ヒラメ・・・
『釣りはよくわからんけど』とか言っときながらなんだよその良型ヒラメは!(笑
あたしもそんなヒラメは釣ったことねーよ。うらやましーよ。(爆
確かに船を見るかぎり、船の周りにロープが張ってあるので釣りの乗合船ではないよね。

するってぇ~となにかい?海洋高校ってのは、海洋実習で船からのヒラメ釣りも教えてくれるってぇ~のかい???
へぇぇぇ~、いいところだねぇ~~~。

・・・本当に授業の一環で"釣り"を教えてくれるかどうかは定かではないですが、新潟の高校でスキー授業があるのと感覚的にはおなじかしら?
釣り実習で成績をつけるとなると、やっぱり、大きなヒラメを釣った人が優秀ってことになる?
選択教科でヒラメ・エビハナダイ・アイナメから一つ選択! とかだったら迷うな~。

ちょっと羨ましいので、送ってきた写真にもの申す。(笑
ヒラメの持ち方がなっとらん!
なんですか、その、
『魚には触りたくないけど、写真撮ってもらうためにしょうがないからエラに指1本突っ込んで持ち上げてみたよ』的な持ち方は!
ヒラメに失礼ですよ。(笑

ごめんよヒヤさん、ちょっとおもしろかったんでいじっちゃった。。。

鹿島灘は、ヒラメの1級ポイントとして有名。
私も1度くらいはチャレンジしてみたいですが、いかんせんボウズ覚悟の釣りってのが・・・
でも、縁側の刺身は食べたい。。。
館山 エギング ランガン!
行ってきました。館山! 房総半島の先端っすよ。
初めて行きました。いや、結構疲れました。もう眠たい。。。

今日の道程ですが、
浜田漁港(エギンガーが多すぎてパス)⇒ 坂田漁港(ノーフィッシュ) ⇒ 栄の浦漁港(chuアオリ1杯、私モンゴウイカ1杯)⇒ 波佐間漁港(駐車場するところがなかったのでパス) ⇒ 浜田漁港(ノーフィッシュ) ⇒ 船形漁港(にごりがひどくてパス) ⇒ 富浦漁港(ノーフィッシュ)

と、かなりハードな釣行でした。雨は、降ったり止んだりで降り続けることがなかったのであまり気にはならなかったです。
で、結局はアオリとモンゴウイカ(カミナリ)1杯ずつ。。。正直もちょっと釣りたかったかな。2人ともイカの顔が見れたのが栄の浦漁港。
栄の浦漁港
栄の浦漁港
ほんと、房総半島の先端、州崎灯台のふもとです。
chuのアオリ
写真はchuがとった1杯。600g前後かな。

アオリチョップはほんとに効きました!!!(爆
チョップしたら胴の部分が真っ白に!足の部分はしまらなかったのでハサミでしめましたが、確かにお手軽なしめ方ですね >レスカさん!
館山も人気の浜田港なんかは、朝からプレッシャー満点で、等間隔に人が並んでました。エギング人気はすごいです。

でもね、朝一に入った坂田港ですが、先客が一人いたんですよ。若いエギンガー。
「おはようございます!」って挨拶したらゲキ無視っすよ!?
( ̄□ ̄;)!! ちょっとショック。。。
聞こえてなかったのかな?と思ったら、後でchuに聞いたらオレも無視されたって。。。

でも栄の浦港では、地元の泳がせ釣りのおじさんが気さくに答えてくれました。しかも、地元の漁師さんから刺し網にかかったエギをもらったらしく、いらないから持っていく?って♪
アオリーQを2本いただいちゃいました!うれしかった~。
こんなふれ合いもおかっぱりの楽しみです。
アオリ地獄・・・
私とchuは着々とアオリ地獄へハマっているようです。

chuからのメールがきた。
 『エメ買っちゃった。』
むろん、言わずと知れたダイワのエギング専用リール、エメラルダスのこと。3万円はくだらない。
●●専用・・・いい響きだ・・・

私といえば、ついにエギング用のロッドを買ってしまった。
コストとポリシーに合うロッドを検討して、検討して
検討を重ねた結果・・・こいつに!

メジャークラフト トリプルクロス TC-962PE

私がこだわったコンセプトとして、
・非力な私が遠くに飛ばす為には10ft前後が欲しい。
・PE専用ガイドシステム
・価格は2万以下・・・w

このTC-962PEは定価19,800円
いろいろ調べた結果上州屋の2割引が一番安いかなぁ、と思っていたところ、中古屋タックルベリーで 12,500円で発見!
Aランクの状態で、小キズしかなかった為即買い!

明日の天気予報は雨なのですが、そんなわけで二人のモチベーションは雨なんて全く関係なし。
子供が新品のサッカーボール買ってもらったら、雨でも飛び出していくでしょ?
当然のようにエギング行ってきます。(笑

私は、会社も早々に切り上げ、既におフロ終了。これから寝るだけ。
2:30にchuが迎えにきます。
館山まで行って、Run & Gun です。(爆
【想像】が【妄想】に変わり、【暴走】した果てに・・・
突然ですが、私『2級小型船舶操縦士』の免許を取ることにしました!?O(≧∇≦)O
なぜ、そんなことになったかというと・・・・
■経緯説明
1: エギングのポイントをいろいろ検討していました。
2: プレッシャーの少ないポイントってないかなぁ~。
3: 沖磯に渡船っていいじゃん!⇒実釣済
4: レンタルボートもいいねぇ~、ポイントまで曳舟サービスなんてのもあるのね。でも、そっからは漕がなきゃいけないのか・・・
5: おぉ!?レンタルで船外機付ボートを貸してくれるところって結構あるのね。しかも魚探付!?おもしろそ~。
6: あー、でも免許が必要なんだぁ・・・

ここで、まず【想像】が働く。 ⇒颯爽にエンジン付きボートで沖へ繰り出す私・・・・
そして悲しいかな【想像】は時を経ずして【妄想】へと変換されてしまうのです。

妄想その1: 沖の漁礁を発見して、そこでエギング!2キロサイズのアオリをゲットする私。
妄想その2: エギングの片手間にシロギス釣りなんかしちゃって、メゴチが釣れて、それを生餌になんと60cmのマゴチをゲットしちゃう私。
妄想その3: 秋には八景島沖や内房でテンヤのスミイカ釣りに興じ、15杯くらいゲットしちゃう私。

更に、【妄想】が【暴走】した瞬間・・・
「やっべ! オレ免許取らな!!!」

気が付けば、嫁へのプレゼンテーションが開始されていました。
もちろん、今期の我が家の家計から特別予算として免許取得費用 73,200円を捻出してもらう為です。

嫁:「小型船舶免許ぉ~~!?漁師でもやるの?うちに船買うお金なんてないからね!」
私:「いや、、釣船をレンタルで貸してくれるところがあるんだよ。。。」
嫁:「ふ~~ん、じゃ、がんばってお小遣いで免許取れば?」
私:「いっ、いや、そりゃちょっと厳しいかなぁって、、、それに免許取ればさ、あなたをボートで釣りに連れて行ってあげられるよ!」
嫁:「だって、前に船でタチウオ釣りに行った時に酔ったからヤダ!」
私:「あっ、あれはさ~、乗合船の排気ガスの匂いに酔ったんだよ~~、ボートなら大丈夫だからさぁ~~。」

しまいには、
私:「長い人生、船の免許っていざって時に役立つと思うんだよね!」
私:「ほら、、将来子供と一緒にボート釣りに行って、父ちゃんすげぇ!って言われてみたいじゃん!」
私:「東京湾のお台場クルージングとか連れて行って"あげられるかも"よ。」

そんなハードネゴ?が何日か続き、終に毎月のお小遣いから▲3000円という妥協点で折り合いが付いたのです!v(≧∇≦)v

いろいろ比較検討して下記の教室に行く事にしました。確認したところ、6月の講習は一杯らしいので、7/11の試験を目指します!
2級小型船舶免許 MLAボート免許教室

↓こーんな船を想像する人もいるかもしれませんが、
YAMAHA

↓私が考えているのはせいぜいこれくらい(爆
YAMAHA
デフレエギ大量購入!
ジャ~~ン!
ヤフオクで購入して本日届きましたデフレエギ12個!(笑
ダートエンジェル一式
エギングの世界では、安くたたき売っているちょっとボロいエギの事を”デフレエギ”と呼んでいるそうです。
※詳しくはイカロックフィッシャーさんのサイトに説明があります。
つれるデフレエギについて
今回購入したのが、ダートエンジェルで、
3.0×6個 4.0×6個 合計12個
お値段は、送料込で4,080円 1個あたり340円!
ちょっと名前の違うダートマックスが1個1,300円するので、ダートマックス3個分で12個買えちゃうぅぅ~。
ダートエンジェルは380円で上州屋にも売っているのですが、カラーがここまで揃ってないのよね。

初心者の私にとっちゃ、これで十分っす。おかっぱりじゃぁ、初心者の私は怖くて高いエギ投げられねぇっすよ。
前回ダートエンジェル3.5号のオレンジで2杯とってるし、デフレエギが釣れないわけじゃなさそうだし。

あと、先日日本橋キャスティングで購入したデフレエギのシュルード
こちらは299円
シュルード
なんと、ダートエンジェルと同じ”Bishamon”というメーカーが作っています。
ダートエンジェルの発送元が横須賀市だったのですが、横須賀は三浦半島の先に毘沙門湾ってあるけど、その地名と関係あるのかしら?

一応、ヤマシタのエギ王Qも買っておきました。
ヤマシタ エギ王Q
やっぱ、デフレエギと比べると作りもしっかりしてるし、綺麗よね。
でも、ボートでしか投げられないかな。。。(笑

う~~ん、早くシャクリたぃ~~!
劇的ビフォーアフター (まな板)
釣師たるもの釣った魚は自分でさばかなきゃね。
当然私も、お気に入りの出刃、柳刃包丁はいつも手入れをして出撃準備オッケー状態に。
まな板も木のまな板を使ってます。和包丁の切れ味を保つ為にはプラスチックのまな板はすぐに刃をだめにしてしまうのですよ。

ただ、木のまな板は手入れがね。。。わが家のまな板もたまに熱湯、日光消毒するくらい。刃跡はどんどん酷くなるし、更にここ数年はイカ釣りにハマっているもんだからイカの墨がまな板にしみついてまって。。。
いい加減やばい状態になったので嫁と相談。意を決してカンナがけをする事に!
ところが、最初はお金払ってでもやってもらおうと、東急ハンズとか近所の木材店に問い合わせしたのですが、どこもそんなサービスはやってねーんだと。。。やってくれる所は探せばあるみたいなんだけどね。

こーなったらB型の良い所?でとことんやらなきゃ気が済まない。

なので、嫁が池袋に買い物に行ったついでに、東急ハンズでカンナを買ってきてもらいました。(笑
嫁も機転が利いて、カンナがけする時の固定台も合わせて購入。

2人がかりでカンナがけしたのですが、見る見る綺麗になるまな板が楽しくて、お互いに譲らず、カンナがけの取り合いに。(バカ夫婦
ビフォー ⇒ アフター
Before(左)の黒い汚れはカビじゃないからね!墨跡ね。
防波堤の墨跡は流しましょーね。
Before ⇒ After
作業風景はこんな感ぢ。木くずがすごいことになってます。
木くずが・・・
いやいや、まな板も綺麗になってまた料理も気持ちよくできるってもんですな。
まな板もってきてくれればカンナかけまっせぇ~!
ユーノスとバス釣り
今日の夕方みやさんから携帯にメールが入った。

 『今釣った。 釣りっ子のブログにのせてくれ。』
みやさんのバス
『ブログにのせてくれ』というのは冗談だったかもしれないがのせちゃう(笑
34cm、グラブのノーシンカー、ポイントは小貝川。メールが来たのが18:00近くなので、夕まづめのチャンスタイムにゲット!といった所だろう。

しかし、疑問が残る。。。
実はみやさん、昔は完全釣り仕様のマツダMPVに乗っていた。私も何回か乗せてもらい釣りにいったがそりゃぁ快適。
ところが、3,4年前からユーノスロードスターに乗換えて、バス釣りもめっきり、、、だったはず。。。
ユーノスロードスターはスポーツカーの中でも小型で、完全2シーター。荷物は載らないし、狭いし、ワンピースロッドなんか絶対無理!

メールで聞いてみた。
 『ロッドは2ピース?ワンピースは載らないよなぁ。。。』
そしたらみやさん、
 『どんな長い竿でも、オープンにすれば積めるんだな。』
ちょっと自慢気&してやったり的なメールに大爆笑。
たしかに、ユーノスはオープンカーだけどさぁ、、、
バス釣りするならやっぱ、車は考えようよ~~~。

茨城は取手付近でワンピースロッドを積んだオープンのユーノスを見かけたら十中八九、それはみやさんでしょう。

しかし、取手市も手賀沼、牛久沼、各種河川が近くに目白押し。
ポイントが近いってうらやましい~。
アオリイカをしめる。
魚もそうですが、アオリイカも釣り上げたらちゃんとしめておかないと美味しさも半減。

chuに教えてもらったのですが、アオリイカのしめ方は、、、
シメポイント!
写真の赤いポイント2ヶ所にブスっと刺せばしまります。
私の場合は、小さいハサミをちょっと開いて刺し込み、中でパチンとしめます。

しめるとあらびっくり!
chuの一杯目
急激に色素がなくなり、あっと言う間にまっ白に!

ちなみに後から知ったのですが、なんと"チョップ"でも簡単にしめる事ができます。
烏賊手刀道

スミイカはこうはなりません。スミイカを無骨な男に例えると、アオリは色白美人ってところでしょうか。
しかも、このアイシャドウ!!
アイシャドウ
エメラルド色がとても綺麗です。
ダイワのエギング用リール"エメラルダス"はこの色をイメージしているのでは?

スミイカ(コウイカ)とアオリイカ
美味さでは甲乙つけ難い両者ですが、美しさではアオリイカが何枚も上手のようです。
初エギングで、!!!
本日ついにchuと初エギングへ!!!

の前に私いろいろ考えました。これだけエンギングがブームでどこのポイントもプレッシャーが高い中、サンデーアングラーが行ける少しでもプレッシャーのない良いポイントはないものか? ⇒ 沖磯って手があるじゃない?
いろいろ調べたら、相模湾は茅ヶ崎に平島群礁&えぼし群礁があって渡船が出ているのです。さっそく『たつみ釣具店』にお世話になることに。お店のおばぁちゃんと店員さんが丁寧にポイントと釣り方をアドバイスしてくれたので安心できました。今の時期はえぼし群礁の大平(おおたいら)が好釣とのことなのでそこへ乗り込んだわけです。
大平烏帽子岩
結構広めの磯でした。足場は良いのですが、波打ち際まで進める点ではウェーダーを履いて行って正解。実は私エギング用のロッドをまだもっていないので今回はchuのシーバスロッドを借りてチャレンジ!

ただ、なにせ初めてのエギングなので、要領もうまくつかめない。ただ、ネットのエギングサイトで予習はしっかりやってきたつもり。

他にエメラルダスリールを携えた完璧装備のベテラン2人組がいました。開始1時間はあがらなかったのですが、ベテランさんが1杯あげたのを見てテンションアップ!
そして私にもついに初アオリが。。。蝕椀2本に引っかかっていたので緊張しました。ちょっと小さいですが。。。(170g)
緊張の一杯目!
いやー、記念すべき私の人生においての最初のアオリ!(ちょっとオーバー)

その後、chuはルアーを投げたり私はメバリングに浮気したりと遊んでいたのですがそちらはさっぱり。
そんで、また2人ともエギングに戻ったところでchuも初アオリの630gをゲット!
そして、その直後私も670gを獲りました~。
感動の二杯目!!
このくらいのサイズからは結構引くのね。しかも蝕椀1本にひっかかっていたので取りこむまでむっちゃ緊張したっすよ。chuにタモ入れしてもらえてよかった。

初エギングにしては2人でアオリの顔が見れたので上々のすべりだしです。次は目指せ1キロアップ!っていきなり欲張りすぎ?

でもね、私のあげた2杯ともエギは上州屋のサービス品380円(笑
高いアオリQやダートマックスを根掛りロストしたのでやむなく投げていたのですが。。。サービス品あなどるなかれ!
雨なので築地へ、
今週の日曜はchuとどこかの沖磯にエギング&メバリングに行ってくる予定。ちょっと天気が気になるけどね。。。
今日は一日冷たい雨。。。一日家でゴロゴロしてましたがなんなので、築地に行ってきました。(またぁ?)
築地は毎回いろんな旬の肴が見れてほんと楽しいですなぁ。

↓でた!良型アオリイカ!やっぱアオリものっこみで旬のようです。
たくさん出回ってました。こんなアオリを釣ってみたい。。。
良型アオリじゃないっすか!
でも、アオリも㌔1600円~1700円、スミイカと変わらんのです。アオリもスミも市場じゃ価値が一緒。
次は生簀に入ったイシダイ、マダイ、マゴチ。
イシダイ・マダイ・マゴチ
よくまぁ、活かしてもってくるなぁ、と感心します。
築地には業者の人が乗っている荷物運び用の小型運搬車?が構内をかけずり回ってます。
運搬車
この車をよけながら買い物をすすめるわけですが、この車、築地のガススタによく止まっているので動力はガソリンか軽油なのでしょう。

今回の仕入れはこんなんでました。
1.まぐろ切落とし 500円
2.まぐろ赤身柵2本 800円
3.まぐろカマ   1000円
4.うに(ロシア産) 997円
5.生ホタルイカ1皿 577円
6.赤貝むき身2皿 525円
7.とり貝むき身1皿 367円
8.白みる貝    850円
9.あさりむき身300g 819円
――――――――――――――――
合計       6435円
あさりのむき身300gは買いすぎかなと思ったんですが、意外と便利!早速あさりの炊き込みご飯!殻付だと無理よね。
スーパーの殻付あさりと違ってむき身の300gって結構な量。まだまだ残っているので他にも使い道がありそうです。
仕入れと本日の昼飯
また、しばらく魚貝な食生活です。
【GW回顧】 蜃気楼と釣り
富山湾では"蜃気楼"が有名です。
蜃気楼は、暖かい空気と冷たい空気の層の間で光が屈折する現象で、立山連峰から、ちべたーい雪解け水が一気に富山湾になだれ込む為発生するそうです。
遊びに行った魚津市の海岸線には"蜃気楼ロード"なる道路があります。
5月4日に行った時はこんなかんぢ。
蜃気楼ロード
あまりに人が多いのでびっくりしました。皆、蜃気楼待ち。w
双眼鏡や望遠カメラをセットしている人も。
この日の蜃気楼予報は50%だったのですが、残念ながら見ることはできませんでした。前日は発生したということなのでタイミングが悪かったかな。
びっくりしたのが、こんな沢山のギャラリーの前で投げ釣りをしているおっちゃんを発見。なかなかのつわものです。
投げ釣り?
私に言わせたらこんなギャラリーがいるところで絶対釣りはしたくない!
ただ、おっちゃんに言わせたら、蜃気楼も見れて一石二鳥なのかもしれません。。。
【GW回顧】 ほたるいかミュージアム
GWは新潟に帰ってましたが5月4日にちょっくら隣県の富山まで遊びに。
ホタルイカ漁観光船は予約が取れなかったのですが、代わりに観光がてら"ほたるいかミュージアム"に行ってきました。
ほたるいかミュージアム

そしてこれが、ほたるいかミュージアムのマスコット
"ナピカ"ちゃんでっす!
ナピカ
えてしてこの手のキャラクターって安直な名前が多いのですが、ナピカとはかわいらしく、まっとうなネーミングにちょっと感心しました。
ちなみに、八景島シーパラダイスのマスコットの名前は
"シーパラシー太"
だからね。あまりにもインパクト強くて忘れられない。。。

そんでほたるいかミュージアムの話。
一番インパクトがあったのが、お触りオッケープールみたいなのがあって、実際のホタルイカや富山湾の魚貝に触れられるコーナーがあるのです。
おさわりプール
下手したらイカれた動物愛護協会から訴えられかねません。w
ホタルイカのアップ
この時期はホタルイカも取れるので沢山いました。

そんでもってこの魚が、最初はこれがゲンゲ?とか思ったのですがザラビクニンという深海魚だそうで、食用にはならないそうな。。。
ザラビクニン
まぁ、プールの周りにいた子供達は実際の魚に触れられて楽しそうでした。

他にもホタルイカの発光ショーやイリュージョンシアターでの映画等々、それなりに楽しめました。
しっかし、イリュージョンシアターの内容なんですがね、、、
実はホタルイカが宇宙に昇って星になっているっていうストーリー・・・
壮大すぎる。。。
濡れたテトラは危険っす!
幼馴染の家で0時過ぎまで飲んで帰るときには雨・・・
こりゃ明日は無理かな~、と布団に入り一応朝4:00起床。酒がちょっと残っていたのと雨音で即二度寝。

7:00に再度目を覚ますと雨が小降りになっていたのでこれ幸い。(笑
ただ、本降りになる危険性もあったので、すぐに帰ってこれるすぐ裏のL字突堤へ。
L字突堤朝もやのL字突堤
このポイントは雨にもかかわらずチヌ釣師、ルアーマン、メバラーがプレッシャーたっぷり。ルアーマンは50cmくらいのサワラをとっていました。

しかも、濡れたテトラはすべるので、移動がままならず、更に海草が生えているテトラは危険度MAX!
こんな海草が付いていると・・・
チヌ釣りのおっちゃんに、スパイク履いててもすべるから気をつけなよ。と忠告されたにも関わらず早速すべって腰を強打!
さらに、昨日の釣行で早速の筋肉痛が両足を蝕み思うように足が捌けず、モチベーションは急降下。。。
(しっかし年ですな、もちょっと体鍛えないといかんね。。。orz)

魚っ気もないので、根掛りロストを口実に1時間もしないうちに退散してきました。
いや、雨の日のテトラは危険ですわ。
初メバリング
5月6日の夕方。新潟で初メバリング。
実家の裏はすぐ海なので、気軽に釣りに行くことができるので楽チン。小さい頃はこの海でいろんな魚を釣っていたのですが、最近は環境が変わり新しい堤防やら釣用の突堤やらができてて勝手が分からない状態。
なので少しでもプレッシャーの少ないポイントを探す為前日に下見。家から車で10分くらいですがなかなかよさげなポイントを発見。
初メバリング
ここのポイントは縦堤から沖の波止テトラにウェーダーさえ履けば渡れる所。さらにテトラの切れ目まで行けば潮も流れるポイント。
初メバのポイント
ただ、実際にテトラの上は道はないわけで、実際この上を歩くとなるとかなり大変。更に海草が付いている所は滑り易いので注意しないと大ケガもしかねません。
テトラポットの道程・・・
とはいえ虎穴に入らずんば、ということで何とか切れ目まで移動し16:30に実釣スタート!ただ、何しろ初めての経験なので試行錯誤。水深は4~5mくらいのレンジを沈めてみたり、早巻、遅巻。ワームの色、ジグの重さを変えてみる。
ただ、1g前後のジグを扱うにはバスロッドはちょっと硬すぎでした。底立ちがさっぱり分からんのです。

開始30分経過も気配無し。メバルなんておらんのかな~?と早々に諦めムードが漂う中、潮の流れがキツいので重めのジグとピンクのワーム(tea leaf)に変更。表層を早巻きしてたら釣れちゃいました。超チビメバル!(笑
記念すべき第1号
よくフッキングしたなと感心しちゃうサイズです。とは言え記念すべきメバリング第1号なので写真を撮って即刻リリース。
その後もあたりらしきものは何回かあったのですが、このサイズが群れていたとしてもフッキングせんわね。。。諦めて場所移動。ただ外海に投げても一向に反応無し。
そこでふと足元を見る→テトラの隙間の穴がある→幼き記憶が蘇る→そういや昔ブラクリ使ってこんな穴でアイナメ釣ったなぁ~
テトラの隙間に、、
試しに落としてみる→そして軽くシェイキング→いきなりぶるぶるっ!→チビカサゴゲット!(笑
およそメバリングには程遠い釣り方ですが、釣れればやっぱり楽しいのでこの釣り方で都合ちびカサゴちゃんを3匹ゲット。もちろん全てリリース。
カサゴ
幼馴染の家に遊びにいく約束をしていたので、19時に日没を向かえ実釣終了。
サイズはちょっと満足のいくものではなかったですが、初メバリング?初ロックフィッシュ?で魚に遊んでもらえたので感謝!って感じです。

次回は、サイズアップを狙ってポイントも開拓せんとね。プレッシャーの少ないポイントかぁ・・・
ミル貝って、、、
白ミル貝
5月が始まっていきなりこんな画像ですみません。。。

これが、私の嫁をして、
『なにこれ?・・・気持ち悪いね・・・』(エヴァのアスカ風)
鼻まつさんをして、
『キモイYO!』

とまで言わせしめた しろみる こと 白みる貝 です。

確かにかわいくは無いけど、食べたら独特の香りと個性的な味がなんとも言えず絶品。
みる貝(みるくい)が激減した為、その代用品として出回っているそうなので、本来 みる貝 と 白みる貝 は別物。
白みる貝は、正式名は ナミガイ というそうです。

にょろっ~~~っと出ているのは水管です。アサリを大きくして水管を伸ばしたらこんな感じでしょ?
水管が伸びてるので水管部分と身の部分で食感、味が違うので2度美味しいのもこいつのすごいところ。キモは今まで捨ててしまっていたのですが、炒めたりすると美味いらしいので次回から。

進化の過程で水管が伸びたのなら、象の鼻が伸びたのと理由が一緒かどうかは神様にでも聞いて下さい。
私が言いたいのは、『美味い!』ただこれだけ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。