ななみつつうらうら[七海津津浦浦]
東京→唐津(2年半)→東京 釣りバカサラリーマンの釣録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へら in 相模湖2
4月最終日は先週に引き続きchuと相模湖!今日は天気が良くて朝こそ7℃でしたが、日中はTシャツで釣りができる絶好の釣り日和。

ただ、先週は濁っていた水がうって変わり澄んだ状態に。そうなるとへらも警戒心を強めて深場に落ちてしまう?今週に入ってからの昼の釣果も上野原16尺ラインで高成績のご様子。
相模湖にある諏訪の滝
というわけで本日はおやじさんが上野原の18尺ラインに船を着けてくれました。
この辺の18尺ライン
湖のど真ん中に水竿(みざお)で固定されると開放感は最高です。
※水竿(みざお)とは5~6mくらいの竹竿でこれを湖底に抜けないようぶっ刺して、その竹にボートを固定するわけです。
湖の真ん中で。
そんで、私は19尺底のセットでスタートしたのですが、1投目からさわり&泡付!すぐにあたりも出たので、いきなり興奮状態。そんで、7,8投目で竿がギューーンといい感じでしぼられ興奮MAX状態!!!
・・・っっって、あがってきたのは尺オーバーのマブナ。orz
マブナは金鮒 ヘラブナは銀鮒 と言うように、マブナは金色っぽいのです。
マブナ
気を取り直してうち続けるも、その後もあがってくるのはマブ、ニゴイ、ウグイ。いい加減嫌な予感が頭を過ぎる。。。
「ひょっとしてここにいない?」
更に時合が過ぎると風も吹き、あたりも消滅。予感が確信に変わったところで、タイミング良く水竿がしなりに耐え切れず折れてしまう。。。これを機に移動。
切立った対岸の天神?という16尺ラインのポイントも常連さん2人が入っていたのですが2枚しかあがっておらず、とりあえずうっては見るもののウグイが1匹だけ。更に19尺ラインに移動すると今度はニゴイ・オンステージ。これはこれでウキが動くから楽しいんだけどね。

16:00くらいまで粘ってたところへchuから携帯が。ついに1枚ゲットの朗報を聞きつけ、再び最初のポイントヘ。chuの水竿を借りて2艘並んでうち続けるも私にはへらは来ず、18:00納竿。
ま、それでも腕が痛くなるくらい外道が釣れたのでそれはそれで楽しかったかな。
帰りの曳船
水が澄んで天気も良いと、警戒心が強いへらは深場に行ってしまうんでないかな。今日の状態から察するに日中は18尺ラインにニゴイが待機してて、それより深いラインにへらは潜ってしまったんではないかな?と。おそらく夜の間にまたあがっていっているはずなんだけどね。
相模湖とか亀山湖はリザーバーなので雨が降ればすぐにヘビーな濁りが。そんな時に行ければいいのねぇ。。。
スポンサーサイト
ホタルイカ 来年こそは・・・
GWは新潟に帰るのですが、ついでに富山に遊びにいく予定。メインの目的はホタルイカ漁を見ること!w 以前にネットでホタルイカ漁を見せてくれる観光船があることを知りました。
ホタルイカ、コバルトの輝き
むちゃくちゃ見たくないですか?私だけ?ホタルイカは富山湾でしか獲れないのですよ。富山ではホタルイカ漁を見せてくれる観光船が2ケ所あります。午前3時出船なんですけどね。w
新湊観光船(ホタルイカ観光コース)
滑川市観光協会(ホタルイカ観光)
4月頭には、嫁を誘ったんです。そしたら案の定の反応。。。
「ホタルイカぁ???そんなの見るのぉ~?朝3時ぃ!?」
なんとか富山観光&温泉をエサに説得してなんとか了解を得たわけなのです。

だがぁぁぁ!私大失敗をしてしまいました!予約が取れなかったんです。。。あせっても後の祭りよね。4月頭の段階で予約していればよかったのに、今週までひっぱってしまっていたのですよ。

原因1:嫁の反応から、ホタルイカ漁を見たいなんていう物好きはあまりおらんのだろう。
  →予約なんぞいつでも取れる。
原因2:朝3時出船なんぞ、釣りでもする人でないと起きてない時間。そんな早起きしてまでホタルイカ漁を見る人はあまりおらんだろう。
  →予約なんぞいつでも取れる。

↓ちなみに、新湊観光船さんに問い合わせしたメール抜粋
> 【定置網見物「ホタルイカ」コース】に2名で参加させていただき
> たいのですが、どのようにお手続きすればよろしいでしょうか。

今考えると驕りとしか思えない。。。予約は取れる前提で話をしていて手続きの方法に飛躍してます。
↓そんでもって回答のメール抜粋
新湊観光船です。メールありがとうございます。
おかげさまで5/6(土)まで満席でございます。
キャンセル待ち状態の方もたくさんいらっしゃいますので、
大変申し訳ございませんが、またの機会をご利用下さい
ます様お願い申し上げます。


ガ━━(゚Д゚;)━━ン!!! ま、まじっすか!?
あわてた私は滑川市観光協会様にも速攻電話するが時既に遅し、やはりキャンセル待ちがたくさんいらっしゃるのでGWはごめんね♪みたいな感じでおねぇさんに案内されました。。。

はっきりいってホタルイカ漁を見くびっていました。猛省です。ホタルイカ観光船の皆さんごめんなさい。やっぱ、すごい人気あるんじゃない?天然の生簀と呼ばれる富山湾でコバルトに光るホタルイカ・・・
ん~神秘なり。来年は早めに予約させていただきます!

富山にはそれでもせっかくなので行って来ます。なぜなら次の目的が、ほたるいかミュージアム に行くことなったから。(爆
GWはメバリング
会社の帰りに日本橋キャスティングで買い物。

今年のGWは実家の新潟に帰る事が決まったので、実家の裏の海で初めてメバリングにでもチャレンジしようかとタックルを物色したんです。
↓いろいろ教えていただいたのがここのサイト。
めばるing
ほんと勉強になるサイトです。感謝!!
あと、昔にバスをやっていた頃の知識を活かしてとりあえず買ってきました。
メバル用タックル
ピンクとオレンジのなんとなく釣れそうなワームとジグヘッド。
左のケースに入っているのは、昔のタックルボックスの中からメバルに使えそうなワークをチョイス。
あと、PE0.6号も購入。PEって0.8が最低のラインナップが多くて、0.6を探すのに苦労しました。メバリングは基本はフロロでOKなのですが、将来エギングにもチャレンジしたいと思っているのでPEに。しっかしPEは高いね。。。

ロッドとリールは昔バスで使用していたゲーリーヤマモトのワンピースロッド&TEAM DAIWA-Sシリーズのスピニング。
家でいろいろ準備してると、嫁が、
 「今週釣りに行くの?」
 「いや、GWに新潟に行ったときに釣りでもしよっかなって。」
 「GWの準備を今からしてるの!!??」
って。。。わかってくれよハニー。釣バカにとっては楽しいひと時なのですよ。
へら in 相模湖
chuとへらで相模湖に行ってきました。相模湖といえば巨べら伝説で有名ですが、のっこみ時期に来るのは私は初めて。
今回はHPの釣果から天狗岩さんにお世話になることに。
天狗岩釣船店にあるMAP
朝6:00前には着いたのですが、予約してなかったのでテント船が全部出払っている状態。今日の天気予報は午後から雨予報。となれば是が非でもテント船に乗りたいわけで、ナイターのお客さんとの入替えまで待機。

それでも7:30くらいには出船できて、おやじさんのポイントチョイスで押尾ワンドの奥に。天狗岩さんの場合はおやじさんが曳船でポイントまで引っ張ってくれるので楽チン♪
テント船で押尾ワンドの奥へ
増水した時にしか入れないような水上林の中。波もたたないし、周りも静か。。。しかも周りでハタキまくりでシチュエーションはバッチリ!おまけに今日の相模湖は水も濁っていて期待大だったのです。が、、、

タナは1本くらいの浅場。9尺の底釣からスタートして午前中0、午後から13尺に切替えてポイント変更。途中に宙にもしてみましたが空振りでした。結局午後からセットの底で5枚あげましたが、内チャンべらが2枚。
トップは39cmでしたが、いいサイズは全部オスで腹パンのメスは釣れず。。。chuも40cmをとったけど、やっぱりオスでした。
尺1寸&39cm
まぁ、型を見れただけよかったかな。テント船も快適だったし。
ただ、私もchuも何枚がつっこまれてバラしたので、やっぱのっこみ時用の硬めのカーボン竿がほしいね。。。鬼武者?剛作?

今日学んだことは、
・濁りが入ると期待大
よく言われることだけど、やっぱり澄んでいる水よりも、警戒心が無くなってへらがあがってくるんだって。
こういう時はダンゴで麩系がいい。(天狗岩談)
・水位が下げの時は食いが悪い。
常連さんが言ってたけどダム湖で水位が変化した場合、さげてる時は食いが悪いそうな。
不思議だけど、常連さんの長年の知識は重みがあります。
また築地かよ!
土曜も予定が空いたら築地。。。またかよ!?
いいじゃない、土曜なのに早起きして健康的でしょ?嫁は留守番で、午前中にチョロっと行ってきました。
築地市場MAP
先週食べた貝が美味しくてまた食べたくなったのよね。
今日の仕入れはこんなかんぢ。
1.まぐろ切落し  500円
2.うに(中国産)  577円
3.ボタンエビ   2000円
4.ムキ赤貝(7玉)1050円
5.白ミル貝    567円
6.カンパチ半身1.7㌔2140円
――――――――――――――――
合計       6834円
本日の仕入れ
築地も通っていると店の配置や食材の相場が分かってきたので更に要領が良くなってきました。
例えば赤貝、今回7玉(中)で1050円ってこれお得よ。築地の現在の相場が1玉(中)で220円前後、(大)だと300円。
ボタンエビも奮発してしまったけど、2300円を消費税込で2000円にしてくれたのでまぁ、よしとしました。
ただ今回のカンパチは高かった、1月はキロ950円だったのが、㌔1200円、しかも中骨付。半身の場合は中骨付かどうかは要チェックですな。ただ、築地の相場的にはキロ1600円くらいまで上がっているので安いほうなんだけどね。

この時のおやじとの会話:
キロ1300円の札を指して、
  「おじさん、この半身ってハマチ?」
おやじ「いや、天然カンパチだよ!にいちゃんどう?もってきなよ!」
  「天然なの(半信半疑)!!? でも1300円かぁ・・・」
おやじ「1200円でいいよ!」
  「まじで!?んじゃもらおっかな!!」
おやじ お店の会計おばちゃんに聞こえるように大声で、、
「あ~~い、まいどぉ!天然カンパ せんにひゃく、いってんななでお買いあげぇ~~!」
私の心の声 『カ、カンパぁ? それって略す意味なくね? あとくらい言ってもバチあたんないって。。。白ミルがいを しろみる って言うのは2文字省略だからまだ許せるわな。。』

私が食材さばくのに重宝するのがこのサイト。貝のさばき方まで載ってます。
八食センター
あと、我が家では、刺身を食べる時の醤油にこれ使ってます。
日本一醤油
二段仕込みってやつね。安い醤油に比べてビリビリしていなく、まったりしてるのでお薦めかな。お値段はそれなりですが。。。
木桶仕込み天然醸造の日本一醤油:(株)岡直三郎商店
墨袋比較検討
以前にスミイカの墨袋をこのブログで紹介しましたが、いまいちそのスゴさが伝わっていないようなので改めて。。。
でかっっっ!
スミ袋 でかっっっつ!!!
↑これが以前にも紹介したスミイカ(コウイカ)の墨袋。
↓そんでもって、これが先日釣ったヤリイカの墨袋。
ヤリイカの墨袋
くれぐれも、スミイカは遠近法でデカく写しているとかじゃ、ないからね。ちゃんと親指の真横で写してまっせ。
ヤリイカはあまりにも墨袋が小さいので、右手も写ってしまうのだっす。

ヤリイカの墨でイカスミパスタ作った時は、5杯分掻き集めてもスミイカの1杯分にも満たなかったね。
先日、築地に行った時にはまだスミイカは出回っていました。キロ1600円くらい。でも、もういい加減スミイカも終わりだね。
10月が待ち遠しいです。

東京築地市場 ふたたび
また、築地市場にいってきました。今日は、男めしさんと築地で魚貝を仕入れて鼻まつさんちで築地パーティ。
やっぱり築地は活気があって楽しいねぇ。
仲卸市場の中
まぐろ解体1
まぐろ解体2
目移りするなか、少ない時間で買いまくってしまいました。季節柄かな、貝類が多かった気がします。
今回の仕入れはこんなかんぢ。(5人分)

1.まぐろ 
 切落&テイル 1260円
 皮下 サク  1785円
2.うに(カナダ産)2100円
3.ヤリイカ4杯 2340円
4.ムキ赤貝   900円
5.白ミル貝   855円
6.ホッキ貝   525円
7.青柳(舌切)  735円
8.メバル    1040円
9.白魚     1050円
10.活車海老(10匹)1260円
11.イチゴ(あまおう)750円
――――――――――――――――
合計      14600円

今日の教訓
・うにはやっぱり国産がいい。
・予算はひとり2500円に抑えよう!
アルミカゴパックをへらバックに
今日、会社帰りに釣具店の日本橋のキャスティング日本橋店を覗いたのですが、思わず買ってしまいました。"アルミカゴパック"
bag1.jpg
アクアスポーツというメーカーで、LAMSES(ラムセス)という商品が、定価16000円なところが、な、なんと5000円。w 思わず即買い。

本来アルミカゴパックは磯釣りなんかで道具を運ぶ為のバックなのですが、これをへらバックに使おっかなって思ってます。
なぜならこいつは、バックパックのように背中に背負えるのですよ!
へらで野釣りしてると、普通のへらバックで長距離移動すると肩が痛くなるわ疲れるし。。。やっぱ背負えるほうが楽よね。最近年かな。。。

ちょっと大きめなのでもうワンサイズ小さいのがあればよかったんだけど贅沢は言うまい。
本来海用の道具とは言え、タモ入れもこの通りジャストフィットです♪
bag2.jpg
亀山湖 のっこみ最前線!
2回目のノッコミにはいりました。っっって亀山湖は折木沢ボートさんの7日のホームページ。chuの情報でも7日は亀山の砂淵で絶好調!とのことだったのでこれはいかない訳にはいかない、とまたまた行ってきました。

当初、ボートで砂淵を狙う予定だったのですが、長崎キャンプ場も冠水して一気にへらがなだれ込み、ハタキが始まったとのSさんの情報で急遽長崎キャンプ場でおかっぱりをすることに。
長崎キャンプ場
私も始めての経験だったのですが、とにかくハタキがすごいのなんのって!常に周りの葦原一帯で水音が耐えない状態。いや、こんな状態はなかなか見ることできないっすよ。
※ハタキとはへら用語で、のっこんだへら達の産卵活動のことを言います。浅場のアシや水草にタマゴを産み付けるときに♂♀でひれを動かし水音を立てるのが、水をはたいているように見えることからきてるんだと思う。
のっこみ最前線1
のっこみ最前線2
私を含め3人とも例にもれずのっこんだ状態で釣りを開始。ところが、こういう時はへら達も自分の遺伝子を後世に残すことに頭がいっぱいで食欲が盛り上がらず。へらはうじゃうじゃ見えるのに、一切口を使わないのです。
今日のポイント
chuのポイント
9尺底釣りの一投目からさわりがあるが、一切落とさない。おそらくこういう時は底のエサなんぞ見向きもしないので、宙に切り替える。底でも1本半しかない棚なので、宙はハリス分だけ。エサはグルテンマッシュ。そんでやっと落として46cmゲット!
46cm!
いやー、卵を腹いっぱいにかかえた貫禄のメスです。私も40upは初めてだったので感無量っす。
ただ、その後も調子はあがらず、スレ外れで仕掛けをロストしたのを機に、1本ハリスで0.6、ハリも5号、エサも小さくして目の前のエサを気持ちよく吸い込んでいただく作戦に。それでなんとか3枚を追加。
のっこみの時って、メスはデカイくせになんの抵抗もなく、のぺ~っとあがって来ることが多いね。オスの方が元気でまだ釣り味としてはこっちの方がいい。
オスのへら
その後は、15時くらいに3人で場所を移動。偵察に行った滝原でこちらもへらの大群が押し寄せてきていました。ねばっては見たもののノーフィッシュ。18時半に納竿。

ハタく前のへらがよく釣れるとは言われるけど、そのタイミングに釣りをするってのは本当に難しいのねぇ。
高滝湖
前回の続き。
亀山湖で釣れないので、高滝湖へ向かったのは報告しましたが、高滝湖でへらは初めてでした。過去にバスやってた頃に一度だけおかっぱりをしたことがあったのですが、思った以上に大きなリザーバーで、亀山のようないかにも川を堰き止めました、、って地形ではなく、開けた感じです。

今回chuの話でへらもいることを知りました。
当日は、湖沿いに車を走らせまずは偵察。バサーはびっくりするくらいいるのですが、へら師はまったくおらず、、、湖畔を走っていると、なんか、"水と彫刻の丘"とかいう美術館?みたいな施設を発見!
水と彫刻の丘
でも我々の食指を動かしたのは、美術品ではなく、そこに設置されていた展望台。入場料200円を払って上から偵察することに。(笑
展望台がこの辺にあります。
展望台より加茂橋を望む。
展望台から見たふれあいの広場
話はそれるけど、湖面に巨大トンボのオブジェが。。。思わず、巨大昆虫型エイリアンとの死闘を描いた『スターシップ・トゥルーパーズ』という映画を思い出しました。
どでかいトンボのオブジェ
そうこうしている内に、めざといchuが支流の奥でおかっぱりをしているような人影を発見。半信半疑で農道を捜索していると地元袖ヶ浦ナンバーの車が2台止まっているのを発見!本当にへら師がいたのですよ。
話を聞くと皆さんナイターに突入するらしく、その後もそのポイント近辺に夕方からぞろぞろ常連さんがやってきました。私とchuを除いて5,6人はいたんではないかな。
さらには夜になってから私の左にいたおやじがいきなり1枚あげるもんだから、期待しちゃうよねぇ~!
しかも夜釣りの雰囲気は最高な所で、周りも暗いので静かな湖面に浮かぶ電気浮きがくっきり。空が曇りだったので残念だったけど、これで星でも出ていればもう雰囲気最高っってな所でした。
でも結局電気うきは、ふわふわするんだけど私とchuのうきは落とすことはなかったのです。
湖面にうかぶ電気うき
私は16尺、chuは18尺タナは1本半くらいしかない浅場でした。マッシュもダンゴも試してみたけどダメだったね。常連さんは白いエサを使っていたのでやっぱりマッシュかな?

常連さんがこれだけ来るんだからここは期待していいポイントなのでしょう。高滝べらを見たかった。。。
亀山ボートの帰りに高滝でナイターってなパターン。いいんじゃない?ちょっと遊びすぎ?
へら in 亀山湖から高滝湖へ
亀山でついにノッコミが始まったのが3月27日(月) のっこみとは魚が産卵の為、浅場に大挙して押し寄せることを言います。のこっみになると普段ではなかなか釣れない大物が入れ食いになる為、釣人もノッコミ状態になるわけ。

もれなく私とchuも折木沢ボートに意気込んでいったのです、、、がぁぁぁ。ボート屋の若旦那の話では第1回目のノッコミは終了。。。orz
のっこみのべストタイミングに遭遇するにはフットワークが軽くないと難しいね。3/27、28、29くらいが良かったみたいです。

とりあえず、"医院下"まで行って竿を出したのですが、かかりは多いし、釣れないし散々な日でした。
医院下
前回よりも増水していたので、立ち木が隠れてしまっていて、ボートを係留する場所も限られるし、水中の立ち木にかかりまくって、ハリス&仕掛けを大量喪失。
chuはそれでも小さいながらも5,6枚はへらをしっかりゲット。
私はというと1回だけ強烈な引き込みがあり、40UPか?と思いきやヒゲ付(コイ)でがっくし。
どっぷりと太ったコイ。
その後は、猪の川の"ほうしょうまさき"も魚っ気無いわ、ここでもかかりまくり。
釣れなくて移動中。。。
砂淵も覗いてみましたが期待0の為早々に亀山を後に...
ただ、亀山も桜が満開で湖畔の桜がとても綺麗で心地よかったです。いよいよ春本番ですなぁ。
chuと桜と電動カート
chuの提案で亀山を15:00前に退散し、印旛沼に偵察にいくことにしたのですが、途中で急遽変進し高滝湖へ。
高滝では夕方からおかっぱりでナイターに突入。20:30まで粘ったのですがノーフィッシュでした。。。
ただ、こんな日もあるから釣れた日の喜びがあるわけなので、これもまた良し。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。